結婚相談所の特徴

大手結婚相談所7社比較!大手のメリット・デメリットや選び方まで解説

2020年10月30日

結婚相談所の規模は様々で、CMや広告で目にする大手結婚相談所もあれば、地域密着型の中小結婚相談所もあります。評判になることの多い大手結婚相談所ですが、中小結婚相談所との違いや大手ならではのメリット・デメリットなどが気になるところでしょう。そこでこの記事では、大手結婚相談所と中小結婚相談所の違いや大手のメリット・デメリット、選ぶ際のポイント、大手結婚相談所の比較まで詳しく解説します。結婚相談所を選ぶ際の参考にしてください。

結婚相談所で大手を使った

大手結婚相談所と中小結婚相談所の違い

結婚を目指すという目的は同じですが、結婚相談所の規模によってどのような違いが生まれるのでしょうか?大手結婚相談所と中小結婚相談所の違いを3つの観点から見ていきましょう。

会員数と店舗数

大手の結婚相談所は、中小結婚相談所に比べると、会員数が多い傾向があります。広告を積極的に打ち出していたりメディアの露出が多かったりするなど、多くの人の目に触れるため、多くの会員が集まりすいです。全国に支店を展開していて店舗数も多く、日本各地で婚活をサポートしている結婚相談所もあります。

一方で中小結婚相談所は、大手と比較すると知名度が低く、会員数は少ないことが多いです。店舗数にも同じ傾向があり、限られたエリアや地域密着で店舗を展開しています。

サポートの質

サポートの質は、結婚相談所それぞれに差があるという前提ではありますが、あえて言及すると、会員数に応じて結婚相談所と会員との距離に差が出てくるでしょう。大手結婚相談所は会員数が多いので、すべての会員に手厚いサポートをするのは難しく、最低限のサポートになりがちです。そうはいっても、中小結婚相談所に比べて運営体制が整っていることが多いので、一定のクオリティは担保されています。

中小結婚相談所は会員数が少ない分、会員一人一人のサポートに力を入れることができます。ただし、大手よりも教育体制が確立されていなかったり、実績が少なかったりする場合もあるので、必ずしも中小結婚相談所の方がサポートの質が良いとは限りません。大手だから良い悪いではなく、結婚相談所によってサービスの質は異なりますし、更に言うと担当のコンシェルジュによってサービスの質は異なるでしょう。

料金

大手結婚相談所と中小結婚相談所の料金を比較すると、大手結婚相談所の方が高くなる傾向があります。クオリティを維持するための教育や店舗の施設を充実させることにコストがかかるなどの理由で、初期費用や月会費などが高くなりがちです。

中小結婚相談所の料金は、大手結婚相談所に比べてリーズナブルになっています。ただし、大手にも言えることですが、結婚相談所によっては成婚料やお見合い料など追加料金が発生することも多いです。

基本的な初期費用と月会費だけでなく、別途かかる費用についてもあらかじめチェックしておく必要があります。

大手結婚相談所のメリットとデメリット

中小結婚相談所よりも規模の大きい大手結婚相談所ですが、大手ならではのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?メリットだけでなく、デメリットもしっかりおさえて、大手結婚相談所の特徴を理解しましょう。

メリット

大手結婚相談所のメリットは以下の3つです。

  • 会員数が多く出会いのチャンスがある
  • 会員限定サービスを提供している場合が多い
  • 実績が豊富で安心感がある

大手結婚相談所には、中小結婚相談所に比べて多くの会員が登録していますので、出会いのチャンスが多くあります。店舗を複数展開している場合も、会員のデータベースを共有していれば、利用する支店に関わらず、多くの会員の中から最適な異性を探すことが可能です。

出会いの方法として、会員限定サービスを提供している結婚相談所も多くあります。会員だけが参加できる婚活パーティー・イベントや魅力を高めるセミナーなどを開催しており、婚活を有利に進めることができるでしょう。

より多くの会員が利用していることから、中小結婚相談所よりも実績が豊富です。豊富な実績は安心感・期待感につながり、日々新たな会員が入会しています。実績を積み重ね信頼を維持するために、入会審査をきっちり行うといった取り組みもしており、トラブルの心配なく安心して婚活に取り組めるでしょう。

デメリット

大手結婚相談所で気をつけたいデメリットは以下の2つです。

  • 会員数が多い分サービスは最低限になりがち
  • 中小結婚相談所よりも料金設定が高め

大手結婚相談所は会員数が多いことから、コンシェルジュ一人が担当する会員が多くなり、サポートは最低限になりがちです。サービスのクオリティを維持するために効率を求められるためであり、会員は最低限のサポートを婚活に反映させ、自ら行動する必要があります。

また、大手結婚相談所の料金は高めに設定されていることが多いです。まとまった初期費用が必要になり、数万円の月会費が毎月発生します。年齢が若く自由に使えるお金が少なかったり、収入に不安があったりする場合には、料金が負担になってしまうでしょう。

大手の結婚相談所を選ぶ際のポイント

大手の結婚相談所

大手結婚相談所だけを見ても、複数の結婚相談所があるので、自分に合った結婚相談所を慎重に選ぶ必要があります。ご紹介する4つのポイントをおさえて、最適な結婚相談所を見極めることが大切です。

成婚までに発生する費用

大手結婚相談所の中でも、利用にかかる費用には差があります。入会費用や月会費に注目しがちですが、成婚料やお見合い料、オプション料金などを含めて、成婚までに発生する費用をチェックしましょう。

入会費用や月会費だけで判断してしまうと、成婚料やお見合い料などが発生するなど、婚活に思わぬ費用がかかる可能性があります。その他の費用がかからないシンプルな料金体系であると、どれだけの費用がかかるわかりやすく、他社と比較がしやすいです。

例えば、マッチングアプリのペアーズがつくった結婚相談所「ペアーズエンゲージ」では料金体系は入会費とプラン料金のみとなっています。1年続けた場合は99,600円ほどとなり、従来の結婚相談所よりもリーズナブルな価格設定です。

会員数・男女比・年齢層

効率よく異性と出会うためには、結婚相談所に入会している会員数や属性も重要な要素です。会員数が多いほど出会える可能性が高くなり、普段出会えないタイプの異性にも出会いやすくなるでしょう。

会員数と合わせて、男女比と年齢層の確認も必要です。男女比が偏っていると会員数が多くても相手候補が少なくなります。年齢層は、希望する相手の年齢と合っていないと、出会いの選択肢が狭まるでしょう。男女がバランスよく在籍していたり、希望する年齢層が多かったりする結婚相談所がおすすめです。

データマッチング型か仲介型か

結婚相談所には、データマッチング型と仲介型といった2つのタイプがあります。データマッチング型は、システムを使った相手を自分で探すシステムで、自分のペースで婚活したい、自分から積極的にアプローチできるという人におすすめです。

一方、仲介型では専属のコンシェルジュが相性の良い異性を紹介し、定期的なカウンセリングやアドバイスなどを行います。手厚いサポートを受けられるので、自分だけで婚活を進めるのが不安な人や恋愛に自信がない人に最適です。

結婚相談所がどちらのタイプかをチェックして、自分に合ったタイプの結婚相談所を選びましょう。結婚相談所のシステムについて詳しく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

結婚相談所のシステムを比較!お見合いから成婚までの流れを詳しく解説!

会員限定の婚活イベントがあるか

結婚相談所によっては、出会う方法のひとつとして、会員限定の婚活イベントを開催しています。

一般的な婚活イベントでは結婚願望が強くない方も参加している場合もありますが、会員限定であれば入会審査をクリアしている異性しかいないので、安心して結婚相手候補に直接出会える貴重な機会になります。サービスページで会員限定の婚活イベントの有無をチェックしてみましょう。

大手結婚相談所比較

大手結婚相談所の中でも5店舗以上を展開している結婚相談所に絞って、7社をご紹介します。選ぶ際のポイントをイメージしながら、大手結婚相談所それぞれの特徴を捉え、結婚相談所選びの参考にしてください。

オーネット

オーネット

オーネットは、データマッチング型の結婚相談所の中でもトップクラスの会員数を誇っています。約5万人の会員が利用しており、データマッチングのほか、プロフィール検索や写真検索、アドバイザーによる紹介、婚活パーティーといった多彩な方法で婚活に取り組んでいます。

アドバイザーは、プロフィールの添削や悩み相談などに対応し、手厚いサポートが特徴です。会員同士の成婚退会者数は業界最大級の5,676人で、結婚につながる出会いを提供する安心感があります。

  • 成婚までにかかる費用:プレミアムプラン 入会時106,000円、月会費13,900円
  • 会員数:約5万人
  • 男女比:約3万人:約2万人
  • 年齢層:男性の55%、女性の74%が20~39歳
  • タイプ:データマッチング型
  • 会員限定の婚活イベントの有無:パーティー

オーネット

ツヴァイ

ツヴァイ

ツヴァイは、ツヴァイの会員と日本結婚相談所連盟の加盟会員を合計すると、オーネットを超える約9万人が登録する結婚相談所です。会員は、男女比はほぼ均等で、年齢層は約半数が30代となっています。全国に直営50店舗を展開し、地域に根ざした婚活サポートを行っています。

婚活サポートは、婚活プランの提案から活動準備、プロポーズの相談までと範囲が広く、入会前にサポートを無料体験することも可能です。年に300回以上開催されている「ツヴァイ婚活セミナーズ」を無料で受けられ、オンラインにも対応しているので、自宅にいながら婚活について学ぶことができます。

  • 成婚までにかかる費用:入会初期費用98,000円、月会費13,800円~
  • 会員数:約9万人
  • 男女比:48:52
  • 年齢層:男女ともに約半数が30代
  • タイプ:仲介型
  • 会員限定の婚活イベントの有無:パーティー・無料セミナー

ツヴァイ

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェントは、成婚率No.1を掲げた結婚相談所です。大手2社の平均成婚率が約12.0%に対して、パートナーエージェントの成婚率は約27.0%というデータがあり、成婚率にこだわったサービスを提供しています。

成婚コンシェルジュによる活動サポートのほか、プロフィール写真やお見合い、パーティーなどを各コーディネーターが担当したチームサポートが特徴です。通常プラン以外にも、U29プランやミドル世代向けのPAXプラン、シングルマザー応援プランも用意しています。

  • 成婚までにかかる費用:コンシェルジュライトコース 初期費用30,000円、月会費13,000円、登録料30,000円、成婚料50,000円
  • 会員数:約3万人
  • 男女比:55:45
  • 年齢層:男女ともに30代・40代中心
  • タイプ:仲介型
  • 会員限定の婚活イベントの有無:パーティー

パートナーエージェント

ノッツェ

ノッツェ

ノッツェは、株式会社結婚情報センターが運営している大手結婚相談所です。他社にはない特徴的なサービスとして、DNAマッチングを提供しています。検査キットを使用し遺伝子の相性が良い相手とマッチングすることが可能です。

また、他社に比べて種類豊富なコースを用意しています。年代別プランやシングルマザー、他社乗換えプランなど多彩なラインナップです。婚活パーティーやパーティーに向けた個別スタイリングも利用できます。

  • 成婚までにかかる費用:ベーシックプラン 入会金30,000円、活動初期費用47,500円、月会費4,500円~、オプション会員情報提供料78,000円
  • 会員数:-
  • 男女比:-
  • 年齢層:-
  • タイプ:仲介型
  • 会員限定の婚活イベントの有無:パーティー

ノッツェ

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

IBJメンバーズは、大手の中でも比較的多い約65,000人が登録している結婚相談所です。他社と比べて出会う方法の多さに特徴があります。専任カウンセラーによるお相手紹介のほか、データベースを活用したお相手検索、AIマッチング、婚活パーティーなどの方法で出会いを探すことができます。

徹底成婚主義を掲げ、婚約をゴールとしていることも特徴です。専任カウンセラーによるプロのサポートや豊富な出会い方などによって、婚約の実現までサポートすることにこだわっています。

  • 成婚までにかかる費用:エントリーコース 登録料30,000円、活動サポート費135,000円、月会費15,500円
  • 会員数:約65,000人
  • 男女比:-
  • 年齢層:男性の68.2%が20~30代、女性の93.7%が20~30代
  • タイプ:データマッチング型・仲介型
  • 会員限定の婚活イベントの有無:パーティー

IBJメンバーズ

ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ

ゼクシィ縁結びエージェントは、結婚情報誌「ゼクシィ」がプロデュースする結婚相談所です。大手他社の中では最も料金がリーズナブルになっており、入会金30,000円、9,000円からの月会費のみの料金体系で初期費用やお見合い、成婚量は発生しません。

約3万人の会員が入会しているだけでなく、「CONNECT-ship」によって提携企業と会員データベースを共有しているので、出会いの機会が多くなっています。専任のマッチングコーディネーターによるサポートやフォロー面談など、活動準備からパートナーシップ成立までのトータルサポートも特徴です。

  • 成婚までにかかる費用:入会金30,000円、月会費9,000円~
  • 会員数:約3万人
  • 男女比:-
  • 年齢層:女性の67%が20~35歳、男性の88%が20~45歳
  • タイプ:データマッチング型・仲介型
  • 会員限定の婚活イベントの有無:パーティー・セミナー※オプション料金あり

ゼクシィ縁結びエージェント

サンマリエ

サンマリエ

サンマリエは、1981年に創業された結婚相談所で、長年多くの成婚実績を積み重ねてきました。全国にサロンとサテライトオフィスを展開し、日本各地で婚活をサポートしています。

プロ仲人が会員一人一人を担当し、きちんと向き合える体制で二人三脚でサポートを行うのが特徴です。サポートの範囲は結婚までとしており、プロポーズや結婚式の相談にも対応しています。成婚料・お見合い料は発生するものの、仲人型の大手結婚相談所より安い料金設定で、費用をおさえて婚活に取り組むことが可能です。

  • 成婚までにかかる費用:入会金30,000円、月会費15,000円 ※別途成婚料・お見合い料あり
  • 会員数:約6万人以上
  • 男女比:-
  • 年齢層:30代・40代中心
  • タイプ:仲介型
  • 会員限定の婚活イベントの有無:パーティー・セミナー

サンマリエ

自分に合った結婚相談所で婚活を始めましょう

大手結婚相談所と中小結婚相談所の違いには、会員数やサポートの質、料金などがあります。大手結婚相談所ならではのメリットとして、会員数の多さ、成婚実績などがある一方で、比較的価格が高めであるといったデメリットには注意が必要です。

大手結婚相談所を選ぶ際には、成婚までの費用や会員数・男女比・年齢層、婚活形態、会員限定イベントの有無などが参考になります。大手結婚相談所比較をチェックして、自分に合った結婚相談所で婚活を始めましょう。

執筆者:菅原光拳