ペアーズがつくった
結婚相談所

結婚相談所で婚活

結婚相談所で復縁できる可能性はある?申し入れるときの注意点・タイミングを解説

2021年4月13日

結婚相談所は復縁が認められているのかどうか気になる方は多いのではないでしょうか。仮に復縁が認められていないとした場合、復縁すると強制退会させられるのか気になる方もいるでしょう。今回は、結婚相談所で復縁を希望する理由や、復縁できる可能性を解説します。また、復縁を申し入れるタイミングや複数の注意点を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

結婚相談所での復縁を実現した人

結婚相談所で復縁を希望する理由

結婚相談所では、成婚までの期間が定められていることが多いです。具体的には、成婚までの期間が1年程度と定められている場合が多く、その中で今後一生お付き合いしていくことになるであろうお相手を探す必要があります。

そのため、交際をしても多少の違和感や気持ちのすれ違いでお断りをしてしまうケースは少なくありません。しかし後になって、お断りをした相手が理想の人だったと感じることもあるでしょう。

また、結婚相談所での婚活では出会える相手の人数も多いことは珍しくなく、複数のお相手と交際する中で、お断りした相手が一番だったと感じる可能性も十分に考えられます。

結婚相談所で復縁できる可能性はある?

多くの結婚相談所では、復縁を許可しています。ただし、結婚相談所で復縁できる可能性があるかどうかは、相手に別の交際相手がいるかどうかや、復縁に対する考え方などで決まります。当然ながら、相手に復縁したい気持ちがなければ復縁はできません。しかし、相手に交際相手がいなかったり、相手側もあなたとの復縁を希望していたりする可能性も十分に考えられます。復縁できる可能性は決して0ではないため、復縁したいと思ったときにはコンシェルジュに相談してみることが大切です。

女性から復縁を申し入れるのはおかしい?

復縁の申し入れは男性側が行うものというイメージを抱く方もいるかもしれませんが、女性から復縁を申し入れるのは決しておかしいことではありません。

女性側が復縁を申し入れるのはおかしいと思い込むことで、復縁のチャンスを逃す恐れがあります。男性側も復縁を希望している可能性もあるので、気負いすることなく復縁を申し入れてみてください。

結婚相談所で復縁を申し入れるタイミング

復縁を申し入れるタイミングにルールはありませんが、復縁したいと思ったら、できるだけ早く申し入れることが大切です。復縁を申し入れるかどうか迷っているうちに、相手に意中の相手が現れたり、あなたに対する気持ちが冷めてしまったりする可能性があります。「タイミングが少しでも早ければ復縁できていたのに」と後悔しないためにも、復縁したいと思ったときに申し入れることが大切です。

結婚相談所で復縁を申し入れるときの注意点

ここからは、結婚相談所で復縁を申し入れるときの注意点を6つ紹介します。

  • 必ずコンシェルジュに相談する
  • 相手からの返事を急かさない
  • 横暴な態度をとらない
  • 復縁すべきか冷静に考える
  • 断られる可能性があることを心に留めておく
  • 退会後は連絡を取ってはいけない

それぞれの注意点について、詳しく解説します。

必ずコンシェルジュに相談する

復縁したいときは、必ずコンシェルジュに相談しましょう。結婚相談所に内緒で復縁するのはルール違反の可能性があります。また、相手とトラブルになる可能性も否定できません。自覚なくルール違反したり、トラブルが起きたりするのを防げるためにも、復縁したいときはコンシェルジュに相談することが大切です。

また、結婚相談所のコンシェルジュは、あなたと相手の考え方や性格などをよく理解してくれているはずです。そのため、復縁を申し入れる際の効果的なアプローチ方法や、距離の縮め方などをアドバイスしてくれるでしょう。

相手からの返事を急かさない

相手に復縁の申し入れをして返事がなかなか返ってこなかったとしても、返事を急かしてはいけません。一度交際をして別れた経験があるため、十分に検討してから返事をしたいと考えているかもしれませんし、他の方と比較している可能性も考えられます。

こういった状況の中で復縁の返事を急かしてしまうと、自分の気持ちばかりを優先する人だと思われる恐れがあり、復縁が遠のいてしまう可能性が高まります。したがって、自身の再婚したい強い気持ちを優先させるのではなく、相手の気持を考えて行動することで、復縁に繋がりやすくなるでしょう。

横暴な態度をとらない

「一方的に復縁してあげる」といった発言など、横暴な態度をとらないことも大切です。横暴な態度をとってしまうと、相手側は不快に感じたり、復縁を検討する気持ちもなくなったりするでしょう。相手と自分は対等な関係であるため、下手に出る必要はありませんが、少なくとも誠実な態度で相手と接することが大切です。

復縁すべきか冷静に考える

復縁したいと思っている相手と本当に復縁すべきかどうか冷静に考えてみましょう。別れた理由によっては、復縁してもまた別れてしまう恐れがあります。一方で「連絡の返信が遅いことで別れた」という理由のように、改善や譲歩によって解決できる理由もあります。

結婚相談所では成婚までの期間が定められていることが多いため、交際や復縁を何度も繰り返すと、焦りや不安が強くなり、成婚に至る可能性が低くなってしまうでしょう。時間を無駄にしないためにも、復縁すべきかどうかは冷静に考える必要があります。

断られる可能性があることを心に留めておく

復縁を申し入れても、必ず復縁できるとは限りません。前述したように、相手に意中の相手がいたり、自分への興味を完全に失っていたりすると、復縁できる可能性が低くなります。

申し入れさえすれば必ず復縁できると思い込んでいると、断られてしまったときの精神的なダメージが大きくなるため、復縁を断られる可能性があることを心に留めておきましょう。

退会後は連絡を取ってはいけない

結婚相談所の退会後は、相手と連絡をとってはいけません。「退会後の復縁の連絡はしてはいけない」などと規約に定めている結婚相談所が多く、後々大きなトラブルに繋がる恐れがあるためです。必ず、活動期間中に相手に復縁を申し入れましょう。

前を向くためにも復縁は早めに申し入れましょう

結婚相談所で復縁できる可能性や、タイミングについて解説しました。一度別れた相手と復縁したいと思った場合は、できる限り早いタイミングで申し入れることが大切です。また、トラブルを防いだり、相手との復縁の可能性を少しでも高めたりするためにも、コンシェルジュに相談することが大切です。

また、復縁の権利はこちら側にあるといった横暴な態度や、相手の返事を急かすことは避け、誠実な態度で相手と向き合いましょう。

執筆者:伊藤仁

関連記事
カテゴリー
# 結婚相談所の特徴# 結婚相談所で婚活
おすすめの記事
人気の記事