結婚相談所で婚活

40代で結婚相談所は使える?利用のメリットと40代におすすめの結婚相談所まで徹底解説

2020年8月21日

40代で婚活を始めようとしている方は、「結婚相談所は利用すべきか」、「今からでも結婚はできるのか」など、さまざまな疑問が思い浮かぶのではないでしょうか。40代で婚活を成功するためには、結婚相談所を利用しつつ、成功のポイントを押さえることが大切です。ここでは、40代の結婚の実態や結婚相談所の利用がおすすめな理由、婚活成功のポイントなどについて詳しくご紹介します。

40代の結婚相談所

40代の結婚の実態

国立社会保障・人口問題研究所の『人口統計資料集(2017)』(※1)によると、2015年の40代女性の初婚率は、40~44歳が3.22%、45~49歳が0.9%でした。30~34歳までの初婚が多くを占めるため、相対的に40代以降の初婚率が低くなります。

また、男性の初婚率も40~44歳が5.44%、45~49歳で2.01%と、非常に低い数値です。これらのデータを踏まえると、40代での婚活は難しいと言えるでしょう。

(※1)参考:国立社会保障・人口問題研究所の『人口統計 資料集(2017)』

40代の婚活が難しい理由

40代の婚活が難しい理由は3つあります。自分自身の現状を知るためにも、40代の婚活が難しい理由を確認しておきましょう。

未婚の相手と出会いづらい

40代の初婚率は、男女ともに低い割合のため、バツイチやバツニの人とは出会えても、未婚の人とは出会いづらい傾向があります。未婚の人と結婚したい人は、どうしても婚活が難航するでしょう。

婚活では、より多くの候補者と会って、自分に合った人物を選ぶことが大切です。候補者が少なくなるほどに選択肢が狭まります。自分の条件に合った人物がなかなか見つからず、婚活に時間がかかりすぎる恐れがあります。

求める条件が高くなりやすい

年収や勤務先、容姿など、相手に求める条件が高くなりやすいことも婚活が難しい理由の1つです。例えば、年収は20~30代よりも40代の方が高くなる傾向があります。(※2)年収が40代の平均よりも低い時点で候補から外してしまい、結果的に相手がなかなか見つからなくなりやすいです。

また、子供を持ちたい場合も、高収入を条件にするケースが多いのではないでしょうか。結婚して終わりではなく、理想的な結婚生活をおくるために、条件を正しく設定することが大切です。しかし、高望みしすぎると、なかなか相手が見つからない状況に陥るでしょう。

参考:厚生労働省『平成30年度賃金構造基本統計調査の概況』

女性の場合は自分よりも若い世代がライバルになる

40代女性の場合は、20~30代の自分より若い世代が婚活のライバルです。20~30代を条件としている男性の候補から外れ、若さを条件としている男性に選ばれにくくなります。外見や内面を磨いて、年齢をカバーすることが大切です。

ただし、他の条件さえ合えば年齢をほとんど気にしない男性もいます。40代だからという理由だけで、婚活を諦める必要はありません。

結婚相談所なら40代の婚活の課題を解決してくれる

40代で結婚相談所を利用する際の課題解決

40代で婚活に成功するために、結婚相談所に登録することが大切です。結婚相談所であれば、40代婚活の課題を解決し、良きパートナーと巡り合える可能性があります。結婚相談所に登録する40代の割合や、40代に結婚相談所がおすすめな理由について詳しくみていきましょう。

結婚相談所に登録する40代の割合

一橋大学の「平成29年度結婚情報サービス業調査に関する報告書」によると、結婚相談所を過去に利用したことがある40代男性は10.5%、40代女性は8.2%でした。また、現在利用している40代は、男性2.9%、女性1.5%です。

このように、結婚相談所に登録する40代の割合は少ないため、良い出会いがないのではと思う方もいるでしょう。それでも、40代の方には結婚相談所への登録がおすすめです。

参考:一橋大学『平成29年度結婚情報サービス業調査に関する報告書』

結婚相談所を40代におすすめする理由

婚活が難しい40代でも、結婚相談所に登録すれば良いパートナーに出会える可能性があります。結婚相談所を40代におすすめする理由を詳しくご紹介します。

結婚願望が強い相手と効率よく出会える

結婚相談所は、結婚願望が強い人が登録するため、結婚に前向きな気持ちがある人と効率よく出会えます。結婚相談所を利用しない場合、まずは相手に結婚願望があるかどうかの確認が必要です。結婚願望の有無を知るには、ある程度仲良くなる必要があります。

結婚相談所であれば、結婚願望が強い人だけと出会えるため、貴重な時間が無駄になりません。婚活は、長引くほどに焦ってしまい、空回りしがちです。そのため、最低限の条件である「結婚願望が強い人物」と効率よく出会いたいところでしょう。

求める条件でスクリーニングができる

結婚相談所では、年齢や職業、最終学歴、身長・体重、婚姻歴、喫煙・飲酒の有無など、さまざまな条件を指定して検索できます。結婚相談所を利用しない場合、学歴や喫煙・飲酒の有無まですぐには確認できません。

結婚相談所であれば、最初から自分の条件に合った人の中から候補を絞り込めます。また、顔写真も登録されているため、容姿や雰囲気、身だしなみから確認できる常識レベルなども一目でわかります。

いつでも自由に検索できる結婚相談所なら、隙間時間に相手を探すことも可能です。

40代におすすめの結婚相談所

結婚相談所を選ぶときは、登録可能年齢の確認が必要です。40代でも利用できる結婚相談所は少ないため、どうしても選択肢が狭まります。だからといって、適切に選ばないと後悔する恐れがあるでしょう。そこで、40代の女性におすすめの優良結婚相談所を2つに厳選してご紹介します。

ノッツェ

ノッツェ

ノッツェは、創業27年(2020年8月時点)の結婚相談所です。月々の支払い額に応じて紹介者数が変わる「ベーシックコース」と、専任カウンセラーが候補の紹介から成婚までサポートする「お見合いアシストコース」、男女間の相性に重要な役割を果たすとされる「恋愛遺伝子」を検査して、相性が良いと思われる人物を紹介する「DNAマッチング」があります。

「ベーシックコース」では、月々の支払額をそのときの状況に合わせて調整できるため、長く続けやすいでしょう。また、月間あたりのお見合い人数を自分で決められない場合は、電話やメールで質問することも可能です。

「お見合いアシストコース」では、専任アドバイザーに疑問やお悩みを相談できます。また、自分で相手を探しつつ、専任カウンセラーからも紹介されたり、お見合いのセッティングや交際中のアドバイスを専任アドバイザーが行ったりしてくれるため、効率的に婚活ができます。

40代の婚活では、外見にも十分に力を入れることが大切なため、プロのサポートは欠かせません。ノッツェでは、提携している美容室やアパレル店でのヘアカットやコーディネート、プロによる写真撮影も可能です。

ノッツェ

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェントは、他の結婚相談所の会員も紹介対象となるコネクトシップを利用している結婚相談所です。約5.5万人(2018年7月時点)もの会員の中から、自分に合った人物を紹介してもらえます。また、お見合い件数は年間30万9,428件(2019年4月~2020年3月)と豊富で、成婚にこだわっていることが特徴です。同期間における1年以内の成婚率は65.6%と、2人に1人以上が成婚しています。

オンラインでの活動を中心とした「コンシェルジュライトコース」、3ヶ月ごとにコンシェルジュと面談できる「コンシェルジュコース」、年収1,000万円以上など厳しい条件をクリアした場合にのみ加入できる「エグゼクティブコース」などがあります。

お見合いの日程調整は専門のスタッフが担当するため、異性との交流に慣れていない方でも円滑に婚活を進められます。また、コンシェルジュとの面談では、婚活の改善点がフィードバックされるため、間違った認識で活動を続けてしまう心配がありません。

また、AIを用いたマッチングもパートナーエージェントの特徴です。自分が指定した条件だけでマッチ度が高い人物と出会えるとは限りません。AIを利用することで、より精度の高いマッチングが可能になります。

パートナーエージェント

40代の婚活を成功させるためのポイント

40代の婚活を成功させるポイント

40代で婚活に成功するには、希望条件の適切な設定や行動の工夫などが必要です。次のポイントを押さえて、婚活の成功率を高めましょう。

結婚市場における自身の価値と希望条件のバランスをとる

結婚市場における自身の価値を踏まえて希望条件を決めることで、相手が見つかりやすくなります。自身の価値に対して希望条件が厳しすぎると、なかなか相手が見つからないでしょう。

条件を緩くできない方は、条件に優先順位をつけてみましょう。譲れない条件を妥協しないことで、マッチング後に後悔することを防げます。

「まず会ってみる」という行動をとる

結婚相談所では、プロフィールと写真だけで会うかどうかを判断します。希望条件に全く合わない場合は候補から外した方がよいかもしれませんが、少しでも気になるのであれば、まずは会ってみることが大切です。

実際に会うことで、プロフィールや写真だけではわからないさまざまな情報を得られます。また、直感的に相手に魅力を感じる場合もあるでしょう。プロフィールと写真だけで選り好みをしていると、刻々と時間が過ぎていきます。

まずは会ってみることを念頭に置いて、婚活を進めていきましょう。

コンシェルジュと良好な関係を築いて素直に行動する

コンシェルジュから紹介された相手に興味がないからといって、サービスの質にクレームを入れてはいけません。コンシェルジュが紹介する人物は、利用者の希望条件を満たしています。

一見、プロフィールや写真では条件を満たしていないように見えても、実際に会うと惹かれる場合もあるでしょう。コンシェルジュは、利用者の考え方や性格を把握し、マッチ度が高い人物を紹介してくれます。コンシェルジュにクレームを入れすぎると、紹介の質が落ちる恐れがあるでしょう。コンシェルジュと良好な関係築きつつ、素直に行動することが大切です。

見た目に気をつかう

身だしなみが整っていないと、社会人としての常識を疑われてしまいます。外見よりも内面に注目してほしくても、外見に気をつかうことが大切です。外見は、内面を反映しています。髪が乱れていたり服にシワが入っていたりすると、がさつな性格だと疑われる可能性があります。

反対に、身だしなみが整っているうえに清楚で上品な服や髪型であれば、好印象を与えられるでしょう。見た目で好印象を与えることで、会う人数が増えて、結果的に良い相手が見つかりやすくなります。

40代の婚活は結婚相談所を有効活用しましょう

40代の婚活は難易度が高いため、結婚相談所を積極的に活用することが大切です。結婚相談所に登録すれば、自分で希望条件を入力して相手を探せるほか、コンシェルジュによる紹介も受けられます。また、プロに婚活の悩みや疑問を相談したり、ヘアセットやコーディネートも任せることが可能です。結婚相談所を有効活用して、婚活を成功させましょう。