結婚相談所の特徴

結婚相談所で結婚できる?結婚相談所の入会後の流れや成婚するためのポイントを解説

2020年9月27日

結婚したいと考えて結婚相談所への入会を考えてみたものの、結婚相談所ではどのような流れで婚活を進めるのか、実際に結婚できるのか不安な方は多いと思います。この記事では、結婚相談所での婚活の流れや、うまくいくためのポイントについて解説します。これから結婚相談所への入会を考えている方は参考にしてみて下さい。

結婚相談所で結婚できると考えた男女

結婚相談所で結婚はできる?

結論からお伝えすると、結婚相談所では結婚できます。実際に結婚に至っている方は多くいますし、結婚できる人がいるからこそ、サービスとして存在しているわけです。結婚相談所での成果にまつわるデータについて、具体的にみていきましょう。

そもそもどのような人が結婚相談所の会員なのか

平成 29 年度 結婚情報サービス業調査に関する報告書 P23によると、結婚相談所に登録する方の年齢割合として、男性は30代後半から40代、女性は30代が最も多くなっています。また、結婚相談所の会員は男女比が6:4と、若干男性の登録が多いですが、結婚相談所によって男女比はそれぞれ異なります。

結婚相談所での成婚率は?

結婚相談所では、入会から婚活を通じて成婚に至った割合を、「成婚率」という言葉で表します。成婚率は、結婚相談所で結婚ができるのかどうかを判断する基準にしたり、結婚相談所を選ぶ際の比較材料にしたりして活用できますが、その際に押さえておくべき注意点もあります。国のデータも含めて、成婚率についてみていきましょう。

結婚相談所の成婚率は何%?成婚の定義や計算方法の違いについて解説

経済産業省のデータ

経済産業省のデータによると、成婚率は男性で8.4%、女性で10.1%となっており、若干女性の方が高くなっています。また、結婚相談所の出会いのスタイルによっても成婚率が異なるというデータもあります。「仲人・結婚相談型サービス」は7.9%、「データマッチング型サービス」は8.8%、「インターネット型サービス」は1.9%の成婚率となっています。

年代や求める条件によって個人差は大きい

一口に成婚率と言っても、会員の一人一人の年代や結婚相手に求める条件によって個人差が出てしまいます。年代で言えば、20代に比べ40代の方が初婚率が低い傾向にあり、成婚率が低くなりやすくなっています。また、多くの人が結婚相手に求めるような条件を兼ね備えた人であれば、成婚率は高まるでしょう。

各結婚相談所で成婚率の算出方法が異なるので注意

成婚率は明確な定義がされていないため、結婚相談所によって算出方法が異なります。結婚相談所によって、成婚を「プロポーズが受け入れられた時」と定義づけていることもあれば、「交際が開始した時」と定義づけていることもあります。そのため、成婚率はあくまでも参考程度に留めておくことがポイントです。

結婚相談所に登録して結婚までの流れと期間

結婚相談所に登録してから結婚するまでの大まかな流れとそれぞれの期間について、順を追って解説していきます。

結婚相談所に登録してから結婚までのんg

無料相談

結婚相談所に登録する前に、必須ではありませんが、まずは無料相談を行うと良いでしょう。無料相談では、結婚に対する不安点の相談を行ったり、ホームページだけでは分からない料金設定や受けられるサポート範囲などを確認したりできます。無料相談は多くの結婚相談所で行っていますので、ホームページを確認してみて下さい。

お見合いの申込み〜お見合い

結婚相談所に登録した後は、実際に婚活がスタートします。お見合い候補のプロフィールを紹介されますので、一度会いたいと思ったら、お見合いの申し込みを行います。

お見合い希望相手がお見合いを受け入れれば、お見合いの成立になります。お見合いでは、プロフィールだけでは分からない相手の魅力や、自分に興味を持ってもらえるように振る舞いましょう。

結婚相談所のお見合いの流れとマナーとは。お見合いの注意点とおすすめの結婚相談所まで解説

仮交際と真剣交際

お見合い後、お互いに「また会いたい」と思えば、仮交際がスタートします。仮交際は結婚を前提にして1人の相手と交際する前に、複数の相手と交際できる期間であり、相手をもっと知るための期間です。

お見合いからおよそ1〜2ヶ月の仮交際期間を経て、真剣に結婚を意識できる異性と判断できれば、真剣交際に移ります。何人でも同時に交際できる仮交際とは異なり、真剣交際では交際相手を一人に絞り、結婚相手に本当に相応しい人物かを見極める期間となります。

結婚相談所における真剣交際と仮交際の違いとは。真剣交際を成功させるためのコツとおすすめの結婚相談所まで解説

結婚相談所の仮交際とは。仮交際のポイントとおすすめの結婚相談所を解説

結婚相談所の交際期間はどれくらい?交際期間の注意点とおすすめの結婚相談所を解説

結婚相談所でのデートを成功させるには?デートまでの準備や当日の注意点を解説

成婚〜退会

真剣交際を3〜4ヶ月行い、「お互いに結婚したい」となれば、プロポーズをし、無事成婚となります。成婚後は、担当のコンシェルジュに成婚の旨を伝え、退会の手続きを行います。退会後は結婚生活のスタートに向け、両家両親の顔合わせや、結婚式の段取りなどに意識を切り替えましょう。

結婚相談所で結婚したら後悔しない?

結婚相談所で結婚したら、自由恋愛の結婚よりも後悔してしまうのではないか。結婚相談所で結婚した人は離婚をしやすいのではないか、と考える方がいると思います。ここからは、結婚相談所で結婚した際に後悔するのか、また、結婚相談所での婚活で失敗しないためのポイントについて解説します。

結婚相談所で結婚した場合の離婚率

結婚相談所で結婚した場合の離婚率は、オフィシャルなデータこそありませんが、全ての入籍数に対して低い離婚率とされています。結婚相談所では多くの異性と比較しながら、結婚を前提にした交際を行うため、結婚後のイメージを持った状態で成婚に至るケースが多いです。そのため、結婚相談所で結婚した際の離婚率が低い傾向にあると考えられています。

結婚相談所で結婚した際の離婚率は?後悔しない婚活のポイントとおすすめの結婚相談所まで解説

離婚が比較的少ない理由

結婚相談所で出会った相手と結婚した夫婦の離婚率が低いのには、次のような理由が考えられます。

  • 結婚前提で相手を選んでいる
  • 仮交際を使って複数の相手の中から選んでいる
  • 婚活のプロであるコンシェルジュからアドバイスを受けられる

結婚相談所での婚活では、より結婚を意識して「この人と結婚しても良いか」という観点で相手を見極めて交際が始めるため、恋愛結婚等で結婚をする場合よりも結婚後のギャップを感じづらく、離婚率が比較的低くなりやすいです。

後悔・失敗しないためのポイント

平成29年度裁判所の司法統計によると、結婚後に早期離婚してしまう最も大きな要因は、「性格の不一致」です。結婚相談所での結婚を後悔・失敗しないためにも、仮交際期間や真剣交際期間で相手のことを理解する姿勢を忘れずに婚活を進めることが重要です。

また、デートでは相互理解だけではなく、将来のことや結婚観についてしっかり摺り合わせておくようにすることで、結婚後に価値観のズレを感じることを避けられます。価値観や性格の不一致は早期離婚に繋がりやすいポイントですので、注意しましょう。

結婚相談所で結婚相手を見つけると後悔する?後悔する原因と対策方法

おすすめの結婚相談所「ペアーズエンゲージ」

エンゲージコラムOGP画像

ここからは、初めて結婚相談所に登録したいと考えている方におすすめの「ペアーズエンゲージ」をご紹介します。ペアーズエンゲージは、マッチングアプリのペアーズがつくった結婚相談所です。自分が設定した条件に近い方が毎日必ず一名紹介されるようになっていて、一般的な結婚相談所と比べて紹介人数が多いことが特徴です。

ペアーズエンゲージでは、24時間コンシェルジュにチャットで相談できるサポート体制を整えているため、婚活を進めていく上で不安に思ったことはすぐに解決できるようになっています。仕事に取り組みながら婚活を進める方にとっては、仕事終わりや土日でも相談できる体制は心強いでしょう。

他にも、ペアーズエンゲージは全額保証制度を設けています。ペアーズエンゲージに登録して婚活を始めてから3ヶ月間、誰ともマッチングしなかった場合に、条件付きではありますが、それまでに支払った料金を全額返金してもらえます。結婚相談所に登録して、何の成果も出ないことは避けたいと考える人にとっては嬉しい制度です。

料金は入会金とプラン料金のみで、入会金は1ヶ月プランと3ヶ月プラン共に9,800円であり、6ヶ月プランでは入会金はかかりません。プラン料金は、1ヶ月プラン・3ヶ月プラン・6ヶ月プランでそれぞれ、9,800円・28,200円・49,800円となっています。長期的に婚活をすることで、大手結婚相談所よりも1ヶ月あたりの費用を抑えられることが特徴です。

ペアーズエンゲージで結婚相談する

結婚相談所で婚活を成功させるためのポイント

結婚相談所に入会して結婚にまで至る方には共通点があります。ここからは、結婚相談所で婚活を成功させるために重要なポイントを解説します。

「まず会う」などの行動をする

結婚相談所での婚活では、お見合い前にプロフィールを見て会うか判断をしますが、実際に相手に会ってみないと分からない魅力があるでしょう。プロフィールだけで判断して、異性と会う機会を担保できないと、あなたにとって最適なお相手と出会いづらくなってしまいます。「まずは会ってから判断する」という思考で、たくさんの異性と出会えるように行動することが重要です。

高望みをしすぎない

結婚に対して、高望みをしすぎないことも重要です。結婚相談所では自分の結婚したい相手の条件を設定できますが、高望みをして最初から様々な条件を設定して行動してしまうと、出会える数が減ってしまいます。上述した通り、結婚相談所では行動量が重要になります。高望みをしすぎず、最低限譲れない条件だけに絞って婚活を進めるようにしましょう。

コンシェルジュのアドバイスを素直に受け入れる

結婚相談所で婚活が上手く行かない時は、コンシェルジュのアドバイスを参考に、現状を改善するのもポイントです。婚活で悩んだ時、コンシェルジュに相談することで、自分が気づけていない改善点が見つかることもあります。

コンシェルジュのアドバイスを鵜呑みにするだけでは良くありませんが、自分に合ったものを取捨選択しながら、積極的に婚活に活かしていくことが大切です。

自分磨きを怠らない

見た目だけでなく、言動を含めた自分磨きを怠らないことも、結婚相談所で婚活を成功させるためのポイントです。結婚相談所では、お見合いを経て交際に至るため、第一印象が重要になります。初めて会った異性に、「もう一度会いたい」と思ってもらえないと、交際や成婚に至りません。

結婚相手として相応しい人物と思ってもらうためにも、外見に気を遣うことはもちろん、内面においても自分磨きに注力することが大切です。お見合いやデートの時だけ自分を正すのではなく、日頃から自分を高める努力を怠らないようにしましょう。

結婚相談所での結婚詐欺に注意

結婚相談所での婚活では、結婚詐欺に注意して下さい。結婚詐欺と一口に言っても、二つの種類があります。「結婚相談所そのものが詐欺業者である場合」と、「会員の中に詐欺師がいる場合」です。

前者であれば、無料相談で細かく印象を確認したり、信頼できる団体に加盟しているかを確認したりすることで詐欺を防げます。結婚相談所の事業を行うためには必要な資格がないため、詐欺業者が存在してしまいます。大手や信頼のできる結婚相談所であれば、「JMIC・CMS・IMS」といった団体に加盟していますので、入会前にチェックしましょう。

後者については、良心的な結婚相談所でも存在してしまうので、相手が詐欺師かどうか見極めるのは困難です。次の様な異性であれば、詐欺師の可能性があるので、慎重に対応しましょう。

  • 理由を付けてお金を借りようとする
  • 投資案件に誘われる
  • デートで高額なものを購入させられる
  • 性交渉の後に料金を請求される

詐欺をはたらいているのかその人の性格なのか、見極めるのに悩んだ時は、コンシェルジュに相談するなど、結婚詐欺に遭わないように慎重に対処することが大切です。

結婚相談所の詐欺の特徴と回避方法を徹底解説!詐欺に合いづらい結婚相談所とは

まずは無料相談をすることから婚活を始めましょう

この記事では、結婚相談所で結婚できる理由について解説しました。結婚相談所では、ただ入会して受け身の姿勢でいても結婚はできません。能動的に婚活を進めていく姿勢を持つことで、結婚できる可能性が上がります。適宜コンシェルジュに相談しながら、自分の理想の結婚相手を見つけられるように行動して下さい。

結婚相談所のメリットは理解できたものの、一歩を踏み出す勇気をもてないという方は、まずは無料相談でその想いを伝えてみてはいかがでしょうか。悩みや不安に対してアドバイスをもらえますし、それぞれの結婚相談所の強みについても教えてもらえます。まずは気になる結婚相談所への無料相談から始めて、婚活の第一歩を踏み出してみてください。

執筆者:中嶋駿弥

関連記事