結婚相談所の特徴

結婚相談所における成婚料の相場は?知っておくべきポイントとおすすめの結婚相談所まで

2020年8月27日

結婚相談所によっては、成婚料という費用がかかる所があります。この記事では、成婚料の相場や、成婚料が発生するタイミングについて解説します。また、成婚料がかからない結婚相談所の紹介、結婚相談所を選ぶ際に成婚料以外で重要なポイントについても解説をしますので、結婚相談所を使った婚活の参考にして下さい。

結婚相談所の成婚料

結婚相談所の成婚料とは

結婚相談所の成婚料とは、各社の定める成婚要件に当てはまった時に支払い義務が発生する成功報酬で、金額は各社で異なります。ここでは、成婚料について詳細を解説します。

成婚料の費用相場

結婚相談所によっては成婚料がかからない所もありますが、成婚料が発生する場合の相場は、5万円〜30万円です。成婚料が高ければ良い・悪いとは一概に言えません。

結婚相談所の成婚料は誰が払う?

結婚相談所の成婚料は、男性と女性のどちらが払うかという決まりはありません。成婚料はカップル1組に対して発生するのではなく、男女それぞれに対して発生しますので、カップルによっては男性が女性の成婚料まで負担をするケースがあるようです。

成婚料を支払うタイミング

成婚料が発生するのは、会員同士が成婚した時が基本です。具体的な支払いのタイミングは結婚相談所によって異なりますので、必ず確認をしておきましょう。 以下は、成婚料を支払うタイミングの一例です。成婚料は必ずしもプロポーズをした後に支払うわけではありませんので、注意して下さい。

  • 結婚の意思をお互いに確認できた場合
  • 一定の交際期間が経過した場合
  • 宿泊が発生する旅行をした場合
  • 婚前交渉をした場合

「成婚」の定義は結婚相談所ごとに異なるので注意

結婚相談所では、成婚料の支払いでトラブルにならないよう、成婚の定義を確認する必要があります。結婚相談所によって成婚の定義は様々で、成婚を「プロポーズが成功した状態」としている所もあれば、「結婚を前提に付き合い始めた状態」と定義している所もあります。

成婚の定義に認識のズレがあると、成婚料を思わぬ形で請求されることになりますので、必ず結婚相談所に確認をしておきましょう。

「成婚料」からみる結婚相談所の特徴

成婚料がかかったり高かったりするからといって、その結婚相談所が悪いとは一概には言えません。ここからは、成婚料の有無によって考えられるメリットやデメリットについて解説します。

成婚料と結婚相談所の特徴

成婚料がある結婚相談所のメリット

成婚料は、成果報酬として結婚相談所の収益になります。そのため、成婚料の支払いに見合ったメリットがあります。

サービスの質やスピード感が上がりやすい

結婚相談所にとっては、成婚数が増えれば実績が上がるのはもちろん、成婚料で収益が上がります。従って、より質の高いサービスを提供して成果を出そうと心がけます。

また、会員の結婚意識が強い内であれば成婚の確率も高まりやすいことから、サポートのスピード感が上がりやすいというメリットがあります。

費用がかかっても結婚したい願望が強い会員が集まる

成婚料がかかる結婚相談所に登録をする人は、結婚に対して成婚料以上の価値や思いを持っていたり、結婚願望が強かったりする人だと言えるでしょう。元々結婚相談所には結婚願望が強い人物が登録する傾向にありますが、更に強い結婚意欲を持つ会員と交際を進められれば、より一層スピード感を持って成婚にまで繋がり得るメリットがあります。

成婚料がある結婚相談所のデメリット

成婚料がある結婚相談所には、メリットだけではなくデメリットもあります。

決して安くはない

結婚相談所で生じる成婚料は、上述の通り5万円〜30万円と決して安い価格ではなく、婚活への支払いがかさむといったデメリットがあります。短期間で結婚をしたいと考えている方にとっては、成婚料の支払いに納得できるかもしれませんが、費用を抑えて成婚をしたいと考える方にとっては、料金の面でネックになるかもしれません。

コンシェルジュからの押しが強くなりがち

成婚料は結婚相談所の売上になるため、コンシェルジュが必要以上に成婚を勧める可能性があるといったデメリットがあります。交際を進めて結婚をしたい相手と出会っても、何らかの理由でプロポーズにまで至れない時に、コンシェルジュから強い押しを受けてしまうことは、自分のペースで婚活を進めたいと考える方にとってデメリットに感じるかもしれません。

成婚料無料の結婚相談所のメリット

成婚料が無料の結婚相談所は、運営方法を工夫して成婚料を無料にしてサービス提供を実現しています。その為、成婚料がかかる結婚相談所とは違ったメリットが存在します。

成婚料が無料の結婚相談所

コストを抑えられる

結婚相談所における大きなコストである成婚料が無料なので、コストを大きく抑えられることがメリットです。登録料と月額等がメインの料金になりますので、短期で成婚にまで至れば、大きくコストを抑えられます。

自分のペースで婚活ができる

成婚料が無料の結婚相談所は、自分で登録者を検索してアプローチするデータマッチング型を採用していることが多い為、自分のペースで婚活ができるというメリットがあります。成婚料が発生する結婚相談所は完全仲人型を取っている所が多く、自分で相手を探せないケースがあることから、婚活のペースを結婚相談所に任せる形になってしまいがちです。

成婚料無料の結婚相談所のデメリット

成婚料無料の結婚相談所は、コストを抑えて自分のペースで婚活を進められるといったメリットがある一方で、デメリットもあります。きちんと理解した上で選べるようにしていきましょう。

サポートが手薄な結婚相談所が多い

成婚料が無料の結婚相談所は、成婚料が発生する結婚相談所に比べてコンシェルジュによるサポート範囲が狭かったりサービスが手薄だったりすることがあります。上述の通り、成婚料が無料の結婚相談所では、基本的に自分で結婚相手を見つけることになる為、サポートは最小限となりがちです。自分で婚活を進めることが難しいという方だと、成婚までに時間がかかってしまうことも少なくありません。

婚活に対するマインドセットが醸成されていない会員が多い

コンシェルジュが丁寧にサポートをする結婚相談所では、入会の際にコンシェルジュに条件を伝え、その条件に合う相手がどれくらいいるのかを確認します。その際、マッチングが難しい条件を求めているようであれば、結婚相手の条件についてコンシェルジュからアドバイスをされます。その結果、本気で腰を据えて婚活に向き合うというマインドセットが会員に醸成されます。

成婚料が無料の結婚相談所は、気軽に始められる分、その点のマインドセットが十分に醸成されづらいことから、いい人がいなければすぐに退会してしまうケースが見られます。

あなたはどちらを使うべき?

成婚料の有無によって、それぞれメリットとデメリットがありますが、どちらの結婚相談所を使うべきか、向いている人の特徴をまとめました。

成婚料ありの結婚相談所を選ぶべき人

  • 婚活を上手く進めるためのノウハウを知りたい
  • 短期間で結婚にまで至りたい
  • 結婚願望の強い人と多く知り合いたい
  • 自分だけで成婚にまで至れるかが不安

成婚料無料の結婚相談所を選ぶべき人

  • 成婚までのコストを抑えたいと考えている
  • 焦らずに自分のペースで婚活を進めたい
  • ある程度自発的に行動ができる人

これら以外でも、コンシェルジュの相性の問題や、結婚相談所の運営スタイルなど、人に合う結婚相談所は様々です。成婚料の有無だけで検討するのではなく、自分にとって何が重要なのかをきちんと考えて登録するようにしてください。

成婚料0円でおすすめの結婚相談所

ここからは、成婚料に注目したおすすめの結婚相談所について比較します。まずは、成婚料が無料でおすすめの結婚相談所です。(以下、全て税込表示)

ペアーズエンゲージ

エンゲージコラムOGP画像

  • 入会費:[1ヶ月プラン]9,800円/[3ヶ月プラン]9,800円/[6ヶ月プラン]0円
  • 登録料:0円
  • プラン料金:[1ヶ月プラン]9,800円/[3ヶ月プラン]28,200円/[6ヶ月プラン]49,800円
  • お見合い料:0円

ペアーズエンゲージは、入会費とプラン料金のみのシンプルな料金体系となっており、成婚料はかかりません。また、3ヶ月活動を続けてマッチングしなかった場合、料金は全額返金となります。

ペアーズエンゲージでは、コンシェルジュによる24時間のチャットサポートを受けられますので、相談したいことがあればいつでもどこでも相談できます。また、毎日1人必ず紹介を受けることができるのも特徴です。

ペアーズエンゲージで結婚相談する

ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ

  • 入会費:[シンプルプラン]33,000円/[スタンダードプラン]33,000円/[プレミアプラン]33,000円
  • 登録料:0円
  • 月会費:[シンプルプラン]9,900円/[スタンダードプラン]17,600円/[プレミアプラン]25,300円
  • お見合い料:0円

ゼクシィ縁結びエージェントは、プランによって受けられるサービスが異なります。スタンダードプラン以上であれば、自分で相手を探せて、コンシェルジュからの紹介を受けることもできます。

ゼクシィ縁結びエージェント

ツヴァイ

ツヴァイ

  • 登録料:[ベーシックプラン]33,000円
  • 初期費用:[ベーシックプラン]74,800円
  • 月会費:[ベーシックプラン]15,180円
  • お見合い料:0円

ツヴァイのベーシックプランでは、コンシェルジュによる紹介がメインでありながら、自分で検索した人とのマッチングも可能です。マッチングの対象はツヴァイの会員だけでなく、結婚相談所ネットワークも利用できるため、最大9万人以上と最大級のデータベースとなっています。

ツヴァイ

オーネット

オーネット

  • 入会金:[プレミアムプラン]33,000円
  • 活動初期費用:[プレミアムプラン]83,600円
  • 月会費:[プレミアムプラン]15,290円
  • お見合い料:0円

オーネットでは、コンシェルジュからの紹介と、自分で検索してお見合いの申し込みをする2種類の方法で婚活を進められます。成婚料無料の結婚相談所ですが、プロフィール作成や連絡の方法だけでなく、デートの相談までサポートを受けられます。

オーネット

成婚料が必要なおすすめの結婚相談所

続いて、成婚料が必要な結婚相談所を紹介します。(全て税込表示)

ノッツェ

ノッツェ

  • 入会金:[ベーシックコース・お見合いアシストコース・マッチングコース]33,000円
  • 活動初期費用:[ベーシックコース]52,250円/[お見合いアシストコース]52,250円/[マッチングコース]55,000円
  • 月会費:[ベーシックコース]4,950円〜14,850円(申し込み人数による)/[お見合いアシストコース]21,450円/[マッチングコース]55,000円(DNAマッチング費)
  • お見合い料:[ベーシックコース]0円/[お見合いアシストコース]11,000円/[マッチングコース]16,500円
  • 成婚料:[ベーシックコース]0円/[お見合いアシストコース]110,000円/[マッチングコース]110,000円

ノッツェでは、マッチング方法によってコースが分かれています。ベーシックコースでは自分で検索を行うマッチングが主体となるため、成婚料が発生しません。コンシェルジュによる成婚までのサポートが必要な方は、成婚料がかかりますが、お見合いアシストコースかマッチングコースを選ぶ必要があります。

ノッツェ

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 登録料:[全コース]0円
  • 初期費用:[コンシェルジュライトコース]33,000円/[コンシェルジュコース]104,500円/[エグゼクティブコース]242,000円〜
  • 月会費:[コンシェルジュライトコース]14,300円/[コンシェルジュコース]18,700円/[エグゼクティブコース]26,400円〜
  • お見合い料:0円
  • 成婚料:[全コース]55,000円

パートナーエージェントの会員の9割が、自分で検索ができてコンシェルジュからの紹介もしてもらえるコンシェルジュコースに登録しています。コンシェルジュコースでも十分なサポート体制ですが、更にきめ細やかなサポートを望む人に向けて、エグゼクティブコースが用意されています。買い物同行やカリスマ美容師によるヘアカットなど、特別なサポートを受けながら婚活ができます。

パートナーエージェント

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

  • 登録料:[全コース]33,000円
  • 活動サポート費:[エントリーコース]148,500円/[アシストコース]209,000円/[アシストプラスコース]263,450円/[プライムコース]417,450円
  • 月会費:[全コース]17,050円
  • お見合い料:0円
  • 成婚料:[全コース]220,000円

IBJメンバーズでは、紹介を受けられる人数や、自分からアプローチできる人数がコースによって変わります。コンシェルジュによる面談や紹介が無いエントリーコースでも成婚料がかかるため、サポートを受けたい方はコースの説明をよく見て登録するようにして下さい。

IBJメンバーズ

成婚料を払わないのはあり?

成婚したのに成婚料を支払わないというのは、結論から言うとNGです。結婚相談所の成婚料は決して安くないため、払いたくないと考えて踏み倒しを考える人がいます。実際は婚約の取り決めをしているにもかかわらず、結婚相談所に成婚を伝えずに退会を申し出れば、成婚料を支払わずに退会できてしまうかもしれません。

しかし、コンシェルジュとの会話内容や、交際相手との会話履歴を調査されてしまえば、最悪のケースとして訴訟される可能性もあるでしょう。れだけでなく、婚約相手からの印象も大きく悪化する危険性があります。規約に定められた料金を支払わないように結託をしようとするのは、ある種の詐欺行為に捉えられます。そんな人物とは結婚できないと思われ、破局してしまう恐れがあります。

これら2点の理由から、定められた成婚料はきちんと支払うことをおすすめします。

成婚料以外で重要な結婚相談所選びのポイント

結婚相談所を選ぶ際には、成婚料以外にも複数の観点から選ぶことが重要です。自分の求める条件の相手がどれだけ登録しているのかといった定量面や、コンシェルジュの人と相性や対応力といった定性面などが重要なポイントとして挙げられます。

できることなら抑えたいと考えがちな費用の面ですが、結婚相談所に登録する本来の目的である「結婚を成功できるのか」という点を意識して、結婚相談所を選ぶようにして下さい。ホームページを見ても分からないことについては、無料相談を通してコンシェルジュに聞くようにしましょう。

成婚料のみに固執せずに自分に合った結婚相談所を選びましょう

結婚相談所では成婚料が発生する所もありますが、成婚料の有無が結婚相談所の質に直結するわけではありません。自分の理想の相手と結婚出来るなら、成婚料は決して高いものではないでしょう。その為、成婚料の有無だけで結婚相談所を選ぶべきではありません。

また、成婚料が発生する場合は、何を成婚と定義付けているのかを合わせて確認し、トラブルを事前に防ぐことが重要です。コストを抑えて充実したサポートも受けたい方は、24時間コンシェルジュによるチャットサポートが受けられるだけでなく、成婚料のかからないペアーズエンゲージをおすすめします。

執筆者:中嶋駿弥

関連記事