結婚相談所で婚活

結婚相談所は20代でも利用できる?メリット・失敗しないためのポイントとおすすめ結婚相談所まで解説

2020年8月29日

結婚を真剣に考えているものの、20代で結婚相談所を利用しても良いのか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?実際は、20代で利用することはでき、早い年代から始めることには多くのメリットがあります。一方で、20代だからこそ気を付けたいポイントには注意が必要です。今回は、20代で結婚相談所を利用して婚活を成功させるコツやおすすめの結婚相談所を解説していきます。

結婚相談所20代

結婚相談所は20代でも利用できる

20代で結婚相談所を利用している方はあまり身近ではないかもしれませんが、20代でも結婚相談所を利用することは可能です。では、20代から結婚相談所を利用している方はどのくらいいるのでしょうか?

20代前半で結婚相談所を利用するのは早い?メリット・デメリットやおすすめ結婚相談所まで解説

25歳で結婚相談所を利用するのは早い?おすすめする理由や注意点、おすすめ結婚相談所をご紹介

結婚相談所における20代女性の割合

2018年12月に行われた「平成29年度 結婚情報サービス業調査に関する報告書」によると、結婚相談所を利用している20代女性の割合は、24歳以下が1.1%、25~29歳が12.0%となっています。30代前半から44歳以下までが合計で約7割となっており、20代女性の割合は少ないことがわかります。20代後半では10%以上に上がるものの、20代後半は少数派です。

参考:平成 29 年度 結婚情報サービス業調査に関する報告書P23

結婚相談所は20代女性にこそおすすめ!メリット・デメリットやおすすめの結婚相談所をご紹介

結婚相談所における20代男性の割合

同報告書によると、結婚相談所を利用している20代男性の割合は、20代女性よりも低く、20代前半で0.7%、20代後半で6.0%となっています。30代男性・40代男性がそれぞれ約4割となっています。結婚相談所によって割合は異なりますが、20代から結婚相談所を利用する方は少ないと言えるでしょう。

参考:平成 29 年度 結婚情報サービス業調査に関する報告書P23

結婚相談所を20代男性が使うのは効果的?20代男性の割合とおすすめの結婚相談所まで

20代に結婚相談所の利用をおすすめする理由

20代に結婚相談所をおすすめする

結婚を本格的に考える方が多い30代以上の方に比べると、20代の利用者の割合は低くなっています。少ないから不利になるとは限らず、20代から利用することには多くのメリットがあります。主なメリットを3つ見ていきましょう。

結婚相談所の会員の中では若いことを武器にできる

上述のように、20代のあなたは結婚相談所の他の利用者よりも若いことがほとんどなので、若さを武器にして婚活を有利に進められるでしょう。

明るく健康的なイメージを持たれたり、見た目の若さをアピールできたりするなど、ポジティブな要素が多くあります。

厚生労働省の「第14回出生動向基本調査 結婚と出産に関する全国調査 独身者調査の結果概要」によると、男性側の結婚相手との希望年齢差は、1~2歳年下が17.5%、3~4歳年下が14.2%、5~6歳年下が17.7%、7歳以上年下が8.0%という結果が出ています。

調査結果から、男性は同年代だけでなく年下女性を好む傾向があるとわかります。30代男性の利用者から見ると、20代女性は年齢差の希望に当てはまることが多く、出会いに恵まれやすいでしょう。

参考: 第14回出生動向基本調査 結婚と出産に関する全国調査 独身者調査の結果概要 P10

特別プランでリーズナブルに活用できる相談所が存在する

結婚相談所によっては20代の方向けの特別プランを提供していて、通常料金から割引されたお得な料金で利用できることが多いです。「結婚相談所の利用料金って高そう…」と不安を感じている方でも、特別プランを利用すれば、リーズナブルにコスパの高い婚活を始められます。

合コンを繰り返すよりも効率的に出会える

合コンや婚活パーティーなどで、地道な婚活を続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか?「参加するための出費が大きい」「なかなか条件に合う人が現われない」「知りたいことを聞けなくて選べない」「連絡がスムーズにとれなくて進展しない」など、婚活が停滞してしまっているかもしれません。

結婚相談所を利用するためには入会費や月会費はかかりますが、相性の良いお相手を紹介してもらえたり、本気度の高い人が利用していたりするなど、合コンよりも効率的に異性と出会うことが可能です。

合コンなどの地道な婚活で成果が出ていない20代の方は、結婚相談所の利用を検討してみましょう。

20代におすすめの結婚相談所

20代から結婚相談所の利用は、20代だからこそのメリットを生かして多くの出会いを期待できるでしょう。ただ、結婚相談所は数多くあり、どの結婚相談所を利用したらよいか迷っている方もいらっしゃるはずです。そこで、おすすめの結婚相談所を4社ピックアップしましたので、特徴やサービスなどを理解して、結婚相談所選びに役立ててみましょう。

ペアーズエンゲージ

エンゲージコラムOGP画像

ペアーズエンゲージは、累計登録会員数1,000万人以上を超えるマッチングアプリ「ペアーズ」が手掛ける結婚相談所です。

来店せずに婚活を始められるオンライン申し込みを採用しているので、思い立ったそのときに行動できるのが魅力です。婚活は、専属コンシェルジュがサポートを担当します。業界経験平均4年以上のコンシェルジュが在籍し、いつでもチャットで悩みを相談できます。

他社に比べて紹介人数が多いのもうれしいポイントです。1日1人の結婚相手候補の紹介があるので、多くの出会いから結婚相手を見つけらます。さらに、従来の大手結婚相談所に比べると価格設定が手頃なことも特徴で、1ヶ月プラン料金9,800円から利用できます。

今すぐにでも一歩を踏み出したい方、多くの候補から最適な結婚相手を見つけたい方は、ぜひペアーズエンゲージで婚活を始めてみましょう。

ペアーズエンゲージで結婚相談する

ツヴァイ

ツヴァイ

ツヴァイは、「あなたの婚活にコンサルティングを。」というコンセプトのもと、全国50店舗の直営店で地域に根ざしたサービスを提供しています。

ツヴァイは、業界最大級の91,161名の会員数を誇り、毎週100人以上の方を成婚へ導いています。成婚退会は活動期間4ヵ月が最も多く、スピード感のある婚活が可能です。

サービスの特徴である婚活コンサルティングでは、理想と悩みをヒアリングし、マッチングシミュレーションや行動心理学カラーテスト、価値観のデータ化など多面的な目線で、婚活を強力にサポートしています。20代女性限定プランも用意されており、20代から婚活に最適な結婚相談所のひとつです。

ツヴァイ

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

IBJメンバーズでは、徹底成婚主義を掲げています。マッチングや交際スタートを成婚とするのではなく、婚約を結婚実現としています。

専任カウンセラーが活動準備からお見合いのセッティング、交際サポートを行います。結婚観のすり合わせやプロポーズプランのサポートなど、充実したサポートが特徴です。各種証明書の提出による入会審査や活動期間に合わせた返金制度などもあり、安心して活動を進められます。

20代特別プランは、26歳以下の女性限定の「U-26プラン」と29歳以下の女性限定の「U-29プラン」の2種類です。どちらも通常料金よりもお得な料金で婚活を始めることができます。

IBJメンバーズ

オーネット

オーネット

オーネットは、創業から40年を数える、老舗の結婚相談所サービスです。会員数は2020年1月時点で50,141人、年齢構成は男性の55%が20~39歳、女性の74%が20~39歳となっています。

プロフィールや写真を参考に自分でお相手を探すだけでなく、データマッチングによる紹介、会員限定の婚活パーティー、アドバイザーによるコーディネートサービスなど、多彩な出会い方が用意されています。

20代女子向けプランは、料金がお得なだけではありません。毎月2名の紹介、プロフィール検索で毎月8名に申し込み可、申し込まれる数無制限など、婚活を有利に進める特典が多くあります。

オーネット

結婚相談所を使う20代が失敗しないためのポイント

若さを武器に婚活を有利に進めやすい20代ですが、活用の仕方によっては失敗する可能性もあります。若いからといって安心するのではなく、ポイントをおさえて堅実に活動することが大切です。20代が失敗しないためのポイントを4つおさえ、実践していきましょう。

譲れない条件は明確に伝えておく

20代で結婚相談所を利用すると、多くのアプローチを受けることもあるでしょう。失敗でありがちなのが、「何度か話したけど譲れない条件を満たしていなかった」というケースです。

せっかく良いお相手でもどうしても譲れない条件を満たしていなかったら、新たな出会いを探さなければなりません。譲れない条件は、あらかじめできるだけ明確に伝えておくのがポイントです。譲れない条件を踏まえてお相手を紹介してもらえるので、より効率よく活動を進められます。

担当者と良好な関係を築く

お相手とのコミュニケーションに注力しがちですが、担当者との関係づくりも重要です。担当者にとって利用者をサポートするのは仕事ですが、同じ人間であり親身にサポートしたいと思ってもらうことで、活動を有利に進められることもあります。

「婚活を成功させてもらいたい!」と思ってもらえるように、アドバイスを謙虚に受け止める、積極的に活動する、感謝の気持ちを表現するなど、接し方に注意しましょう。

なかには、初めから合わないと感じる担当者かもしれません。複数のスタッフが在籍している場合は、遠慮せずに担当者の変更を相談しましょう。

写真等のプロフィールを充実させる

お相手に好意を持ってもらうためには、プロフィールを充実させることが大切です。

写真はまず目に入る情報であり、こだわるかこだわらないかで異性の興味が変わってきます。はっきりと顔が写っていることを前提に、画質や背景にこだわって、笑顔で写っている写真を選びましょう。ポジティブな印象を与え、異性を惹きつけられるはずです。

プロフィールは趣味や価値観などを見極めるものなので、相手の知りたい情報をしっかり盛り込みましょう。ポジティブな内容を心がけ、結婚への真剣度も取り入れるのがポイントです。

「自分のことを知ってもらわないと!」と意気込むと、つい書きすぎてしまうこともあるでしょう。情報がありすぎると、本当に伝えたいことがぼやけてしまうので、必要な情報とアピールポイントをピックアップすると、魅力が伝わりやすくなります。

選ぶ立場だからといって驕らない

20代という若さから、お相手を選ぶ立場になることもあります。選ぶ立場だからといって自信過剰になったり、驕ったりしてしまうと、せっかくの出会いを逃してしまうかもしれません。

多くのお相手からアプローチされたとしても、常に謙虚でいることが大切です。自分の魅力を見つめなおしたり、自分磨きに取り組んだりしましょう。自分自身を理解し、丁寧にコミュニケーションを積み重ねていくことによって、良い出会いが見つかるはずです。

結婚相談所を20代が使うデメリット

④

20代で結婚相談所を利用するメリットは多くありますが、デメリットもゼロではありません。上述の厚生労働省の調査では、女性が結婚相手に望む年齢差も調査しています。同年代29.0%、1~2歳年上29.4%、3~4歳年上21.1%、5~6歳年上10.9%、7歳以上年上5.0%となるなか、年下は4.5%となっており、利用者のなかでも若い20代男性は不利になる可能性があります。

20代男性は、30代男性に比べると、職歴や収入面でどうしても見劣りしてしまいがちです。収入面を重視する女性から見ると、若干不利になるかもしれません。他にも、価値観の相性を重視して同年代の男性を探したり、年上男性の包容力を求めたりする女性もいるでしょう。

ただし、すべての女性利用者が20代男性を選択肢に入れないというわけではありません。年齢が若くても価値観が合ったり、収入面の条件にあてはまったりすれば、年齢に関わらず理想の異性と出会えるはずです。

結婚相談所を有効活用して婚活を進めましょう

結婚相談を利用している20代は、他の年代よりも割合は少ないものの若さは長所であり、若さを生かして活動したり、20代限定の特別プランでリーズナブルに始めたりできるといったメリットがあります。

ただし、若いからといって簡単に結婚を実現できるわけではありません。若さに驕らず謙虚に活動に取り組むことはもちろん、譲れない条件を伝える、プロフィールにこだわる、担当者と良好な関係を築くなどのポイントをおさえた心構えが重要です。

メリットや失敗しないためのポイントなどを理解し、20代から結婚相談所を活用して、婚活を始めてみましょう。

執筆者:菅原光拳

関連記事