結婚相談所で婚活

結婚相談所での婚前交渉とは。婚活における婚前交渉の注意点を徹底解説

2020年9月15日

「結婚相談所の婚前交渉って何?」「何をしたらダメなの?」など、結婚相談所の婚前交渉について疑問をおもちではないでしょうか?結婚相談所の多くは、婚前交渉に関する規定があるため、事前に知っておかないと罰則や罰金の対象となってしまうこともあります。この記事では、結婚相談所における婚前交渉の定義、どこまでが婚前交渉に入るのか等、注意点を踏まえて解説します。おすすめの結婚相談所と有効に活用するポイントもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

結婚相談所の婚前交渉

結婚相談所における婚前交渉の定義は?

一般的な婚前交渉とは、未婚の男女が性交渉をすることですが、結婚相談所での婚前交渉はどこまでの内容を指すのか疑問をおもちかと思います。結婚相談所における婚前交渉とは、肉体関係をもつことはもちろん、宿泊・宿泊を伴う旅行・同棲といった行為も指すことが多いです。

例えば、「遠出の日帰りデートのつもりが、何らかのトラブルで帰る時間が遅くなり止むを得ず宿泊した」、といった場合も婚前交渉と判断される場合があります。実際に性交渉があったかどうかは本人たちにしかわかりませんが、婚前交渉だと判断するのは結婚相談所です。結婚相談所側では判断が難しいがゆえに、性交渉の可能性がある行為を婚前交渉と定義しているのです。

結婚相談所で婚活する際の婚前交渉は禁止な場合が多い

結婚相談所では、婚前交渉を禁止している場合が多いです。規則を安易に破ってしまうと、思わぬ罰則を受けることがあります。ここでは、結婚相談所における婚前交渉について、詳しくみていきましょう。

多くの結婚相談所で婚前交渉が禁止されている理由

多くの結婚相談所で婚前交渉を禁止する理由は、大きく以下の2つです。

  • トラブル防止のため
  • 会員の質を落とさないため

婚前交渉にまつわるトラブルとして、望まない妊娠をしてしまうことや、複数の異性と肉体関係を持つことなどがあります。このような問題によって、本来であれば交際が続くような関係のカップルでも破局してしまう場合があります。そういったトラブルが起きると、健全な婚活のサポートができなくなるので、多くの結婚相談所では婚前交渉を禁止しています。

また、結婚相談所は、独身証明書があれば登録できます。しかし、結婚願望があるかどうかは証明しようがないため、婚前交渉を有りにしてしまうと、肉体関係を持つことを目的とした登録者が増える可能性があるためです。このように、本来の結婚相談所のあるべき姿、結婚相談所の目的からずれた会員を増やさないために、婚前交渉を禁止している結婚相談所が多いです。

違反すると罰則を受ける可能性がある

婚前交渉によるばっ

結婚相談所の中には、婚前交渉について罰則や罰金のルールを設けているところもあり、高額の罰金や強制退会を強いられることもあります。違反をすることで、婚活にかけてきたお金や時間を失うことはもちろん、婚活の機会すらも失う可能性があります。

さらに、婚前交渉は要求に応じた側にも罰則が与えられることがあります。例えば、デートを数回重ねた男性に誘われて性交渉をした後、何らかのきっかけで結婚相談所に発覚してしまったとします。この場合、どちらが悪いかは結婚相談所には把握しきれません。そのため、「誘った・誘われた」は関係なく、2人とも規約違反をしたことになり、罰則を受けなければいけない場合があるので注意しましょう。

「成婚」とみなされて成婚料が発生することもある

成婚の定義は結婚相談所によって異なりますが、多くの場合は結婚相談所で知り合った相手と婚約が決まって退会することを指します。この際に、成婚料として5万〜30万円ほど支払って退会するのが一般的です。

ここで注意したいことは、結婚相談所の中には、宿泊・宿泊を伴う旅行・同棲といった行為も「成婚」とみなす場合があることです。規約違反をして婚前交渉を行うと、罰金に加えて成婚料も支払わなければいけない場合があります。さらに、相手に結婚の意思がなく婚約に発展しなければ、成婚料を支払った上で、婚約候補者も失うことになります。

婚前交渉はいつならOKか

婚前交渉を禁止している結婚相談所では、成婚して退会したあとであれば、性交渉をしても問題ありません。

「本当にこの人と結婚したい」とお互いに思っていれば、成婚退会後に性交渉をしても遅くありません。婚活にかけた費用と時間を失う大きなリスクを取るのであれば、成婚までは規則に従い、規則の範囲内でお互いの距離を縮めることが大切です。

婚前交渉を禁止していない結婚相談所は容認しているわけではない

結婚相談所の中には、婚前交渉について触れていないところや、「なるべく避けてください」といった表現をしているところもあります。だからといって、婚前交渉がOKではないことを理解しておきましょう。「規約に書いていないから何をしても良い」ではないため、不安であれば詳細を確認するようにしましょう。

真剣交際期間のキスはOKな結婚相談所が多い

結婚相談所では、初対面後に複数のお相手とデートをする仮交際期間と本格的に結婚相手を見極める真剣交際期間を設けているのが一般的です。この真剣交際期間であれば、キスを認めているところが多いです。

ただし、真剣交際期間中のキスも注意が必要です。キスをして良いからといって、どんなタイミングでしても良いわけではありません。タイミングや場所によって、相手がキスを嫌がる可能性もありますので、あくまでも相手を尊重し、お互いの信頼関係を十分に築いてからにしましょう。

結婚相談所での婚前交渉の断り方

婚前交渉の断り方

婚前交渉を規約で禁止している結婚相談所でも、求められたり宿泊に誘われたりすることがあるでしょう。婚前交渉を禁止している結婚相談所であれば、ハッキリと断れば問題ありません。それでも執拗に誘ってくる相手がいた場合、担当のコンシェルジュに相談しましょう。

婚前交渉にはリスクが伴います。婚活中に安易に性交渉をしてしまうと遊びの関係になりやすく、「自分は本気で結婚を意識していたのに相手は遊び目的だった」となれば、精神的なショックで婚活に対する気持ちも下がってしまう可能性があります。

その結果、婚期が遅れるなどデメリットが付随して生じてしまうこともあるため、相手をどれだけ信用していても婚前交渉の誘いはハッキリと断るようにしましょう。

婚前交渉なしで結婚相談所を有効活用するポイント

確かに、幸せな結婚生活には、性交渉も必要な要素です。大人の男女が婚前交渉をしようとするのは自然な流れでしょう。婚前交渉は、結婚相手を見極める1つの要素でありますが、婚前交渉をしなくても自分に合った結婚相手を見つけることは可能です。ここでは、結婚相談所を有効活用して理想の相手を探すためのポイントを解説します。

大前提として規約をきちんと確認して婚活する

婚活を始める前に、利用する結婚相談所の正しい規約を確認しましょう。サービスページなどで婚前交渉の定義などを確認し、実際に担当としてサポートしてもらうコンシェルジュにも詳細を確認しておくことが大切です。

婚前交渉に関する内容は、サービスページに詳細に記載されているとは限りませんので、気になる方は直接問い合わせておきましょう。

まず会ってみるスタンスで行動する

結婚相談所においての婚活は、「まずは会ってみる」というスタンスを持つことが大切です。希望の条件にこだわってプロフィールでスクリーニングすることも必要ですが、あまりにも条件を絞ってしまうと、会ってみないとわからない魅力に気付くきっかけがつくれずに機会損失になってしまう恐れがあります。

そのため、「まずは会ってみよう」「会ってから決めよう」というスタンスで活動することが大切です。

コミュニケーション量を担保して相手の価値観を理解する

婚前交渉なしで結婚相手を見定めるには、コミュニケーションの量を多くすることもポイントです。色々なコミュニケーションを取ることで、家族計画や人生観等の深い会話ができるようになります。そうすれば、結婚生活に必要な価値観をお互いに理解することに繋がります。

結婚相談所での婚活を有意義なものにするためには、コミュニケーションの量や話題の幅を広げて、相手の価値観をより理解していくことが大切です。

おすすめの結婚相談所「ペアーズエンゲージ」

エンゲージコラムOGP画像

ここからは、おすすめの結婚相談所「ペアーズエンゲージ」をご紹介します。ペアーズエンゲージは、累計会員登録者数1,000万人以上のマッチングアプリ「ペアーズ」が作った結婚相談所です。

紹介人数が強み

ペアーズエンゲージでは、毎日必ず1人の相手を紹介します。紹介された相手と会ってみたいと思えば「いいね!」を送り、お互いが「いいね!」を送るとマッチングが成立して初対面の日程が調整されます。

毎日19時に1人紹介されるので、自身が理想とする相手に出会える確率が高く、紹介人数が比較的多いことが特徴です。

3ヶ月マッチングしなければ返金

ペアーズエンゲージには、全額返金保証があります。3ヶ月間活動を続けてもマッチングしなかった場合、支払った全料金の返金を保証しています。

そのため、「真剣に婚活をしていたけど良い相手と出会えなくてお金と時間が無駄になった」といったことにはなりづらいです。ただし、全額返金保証には条件があるので、事前にコンシェルジュに確認しておきましょう。

大手と比較して手頃な価格

大手の結婚相談所では、初期費用の10万〜15万円ほどに加え、成婚料やその他サポートに付随する料金などがかかります。

一方で、ペアーズエンゲージでは以下のプラン料金のみで利用できます。

  • 1ヶ月プラン(30日):9,800円 (税込)及び、入会費 9,800円(税込)
  • 3ヶ月プラン(90日):28,200円(税込)及び、入会費 9,800円(税込)
  • 6ヶ月プラン(180日):49,800円(税込)入会費はかかりません

ペアーズエンゲージは、大手と比較してお手頃な価格設定となっています。必要な費用は、入会費とプラン料金のみとシンプルな料金体系で、成婚料などの追加料金が発生しないことが特徴です。

コンシェルジュが24時間サポート

ペアーズエンゲージでは、婚活のプロであるコンシェルジュに24時間チャットで相談が可能です。チャットでいつでも相談ができるので、お仕事等で忙しい方でも相談しやすいことが特徴です。

コンシェルジュは今まで多くの会員を成婚に導いてきた実績がありますので、安心して相談できます。

ペアーズエンゲージで結婚相談する

結婚相談所のルールに則って婚活を成功させましょう

結婚相談所では、婚前交渉を禁止しているところが多いです。「バレないだろう」と思っていても、実際にトラブルに発展するケースもあります。

たとえ誘われた側であっても、強制退会や成婚料の支払いなどの罰則を受けなければならない状況にもなり得ます。婚活にかける時間やお金、周囲の人間の信頼などを失わないようにするためにも、結婚相談所の決めたルールには従いましょう。

婚前交渉をしなくても、コミュニケーションの量を増やし、工夫をすることで、理想の相手は見つけられます。不安なことも多いと思いますが、結婚相談所のコンシェルジュのサポートを受けながら婚活の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

執筆者:中川卓哉

関連記事