結婚相談所で婚活

外国人との婚活におすすめの結婚相談所4選!外国人との婚活の流れまで解説

2020年9月16日

結婚相談所の中には、外国人との婚活に特化した結婚相談所があります。この記事では外国人と結婚したい人に結婚相談所をおすすめする理由と、おすすめの結婚相談所を紹介します。外国人との婚活における独特の流れも解説するので、外国人との結婚をお考えの方はぜひ参考にしてください。

外国人

外国人との結婚なら結婚相談所がおすすめ

外国人と結婚をお考えの場合は、結婚相談所での婚活をおすすめします。結婚相談所では、日常生活ではなかなか出会えない結婚を前提にしている外国人と知り合えるからです。外国人に特化した結婚相談所のシステムを利用すれば、効率よく成婚まで結びつけられるでしょう。

結婚相談所によっては、オンラインの出会いからオフラインのパーティまでを総合的にサポートしています。また、国際結婚に必要な手続きや文化の理解などもサポートしてくれるでしょう。

出会いの場の提供に留まらず、結婚相談所を利用すると国際結婚に関する様々な悩みの解消も期待できます。外国人の方との結婚を効率的に実現するのであれば、結婚相談所を利用することをおすすめします。

結婚相談所で外国人と成婚するまでの流れ

結婚相談所で外国人と成婚するまでの流れを解説します。日本人との結婚相談所婚活と違う点もあるので、事前に確認しておきましょう。

結婚相談所で外国人のプロフィールを検索してお見合いを申し込む

まずは、それぞれの結婚相談所のサービスページから、外国人の方のプロフィールを検索します。プロフィールには国籍や年齢などの基本情報に加えて、日本に在住なのか、海外に在住なのかといった情報も記載されています。

検索して気になる外国人の方がいれば、お見合いを申し込みます。結婚相談所にもよりますが、問合せフォームや、お見合いを申し込む相談の窓口が用意されていることが多いです。ただし、自分が気に入っても相手が断る可能性があるため、お見合いは必ず成立するとは限りません。気になる異性は複数名ピックアップしてお見合いを申し込むと良いでしょう。

承認されればコンシェルジュがお見合いを設定してくれる

お見合いの希望が相手に承認されると、結婚相談所のコンシェルジュがお見合いを設定してくれます。結婚相談所にもよりますが、コンシェルジュが間に入って日程や場所の設定を行なってくれることが多いです。

外国人とのやりとりでは、どこでどのように会うのか細かな調整が必要です。海外在住の外国人の場合、時差や言語の問題もあるでしょう。結婚相談所のコンシェルジュのアドバイスを受けながら、丁寧にお見合いの設定をしましょう。

在日外国人の場合

在日外国人とお見合いが成立した場合、結婚相談所のオフィスや喫茶店、ホテルのラウンジなどでお見合いをします。日本人との結婚相談所を介したお見合い同様に、お相手の方と2人きりで会います。

お互いの限られた時間の中で会うことになるので、興味関心があることや、質問する内容は予め考えておきましょう。お相手が外国人ということもあり、聞きたいことや話したいことは多いかもしれません。

しかし、初めて会う時間なので、尋問にならないように落ち着いて良い時間を過ごすようにしましょう。

海外在住外国人の場合

海外在住の外国人の方の場合、SkypeやZoomなどのビデオ通話を用いてお見合いを行います。まずは、何度かビデオ通話を通じて、お付き合いに進んでも良いなと思えるかどうかをチェックしましょう。在日の外国人と会う時と同様に、聞きたいことを予め用意しておくことをおすすめします。

例えば、なぜ日本人と結婚したいのかなどは聞いておくと良いでしょう。配偶者ビザを目的として結婚相談所を利用しているケースもみられます。お付き合いに進む前に不安な点は全て解消できるようにしておきましょう。

双方に意思があればお付き合い〜成婚

双方に意思が固まればお付き合いに進みます。お付き合いの期間に制限が設けられている場合があるので、結婚相談所に問い合わせておくと良いでしょう。お付き合いを何度か重ねて、成婚の意思がお互い固まれば、成婚となります。

在日外国人の場合

在日外国人の場合、基本的には日本国内でお付き合いを重ねます。その交際期間中に相手の在留期限が切れないかなど、日本人同士の婚活と比べて確認事項が増えるので注意が必要です。最終的に、お互いの意思が固まれば成婚の意思を結婚相談所に伝えます。

結婚相談所にもよりますが、成婚後に成婚料や仲介料が発生する場合があるので予め確認しておきましょう。

海外在住外国人の場合

海外在住の外国人の場合、一度はお相手の国へ行く可能性があることを考慮しておきましょう。また、お相手の国か日本どちらの国で婚姻手続きをするのか、在留資格や入国手続きはどうするのか、など解決しなければいけない問題は山積します。

だからこそ結婚相談所のコンシェルジュに相談して一つずつ解決するようにしましょう。結婚相談所によっては、成婚して入国したあとも決められた期限内はフォローしてくれる結婚相談所もあります。

積極的に結婚相談所のコンシェルジュを頼り、不安点は払拭しておきましょう。

外国人と出会える結婚相談所

外国人の方との結婚相談所における婚活の流れを説明しました。ここからは、外国人と出会える結婚相談所を4つ紹介します。

GLOBAL BRIDAL

GLOBAL BRIDAL

GLOBAL BRIDALは在日外国人が登録している結婚紹介サービスです。創業37年の実績があり、会員数は14万人を誇っています。また、コンシェルジュは多言語が話せる人材と翻訳スタッフが在籍しており、日本語・英語・中国語の対応が可能です。

登録者のデータも開示されており、大卒の学歴が男性は70%・女性は75%にのぼっています。男性の年収は400万円以上の収入があることがわかります。

料金プランに関しては、男女それぞれで分かれているものの成婚料は200,000円、お見合い料は5,000円と統一した料金設定です。それぞれのプランでお見合いパーティや、婚活セミナーをオプションで追加ができます。

Skype・WeChat・メールなどの無料相談があるので、気になった方はまず相談することも可能です。

GLOBAL BRIDAL

東縁

東縁

東縁は中国人との婚活に特化した結婚相談所です。代表が中国の黒竜江省出身というパイプを生かして、日中の国際結婚に注力をしています。中国の大連に現地事務所もあり、現地の業者と連携して婚活をサポートしてくれます。

ホームページ上で顔写真や、居住地・出身地・職業・年齢・日本語レベルなどが記載されており、そのプロフィールを見て電話もしくはホームページで問合せをする形です。

料金プランに関しては、国内のお見合い1回につき10,000円、中国でのお見合いに関しては50,000円の料金が発生します。成婚料も発生し、日本人同士であれば300,000円から、中国現地で国際結婚をすると、アフターフォロー付きで1,500,000円と幅があります。

ホームページよりメールにて問合せが可能で、まず相談から始めることが可能です。

東縁

ララストーリー

ララストーリー

ララストーリーは海外赴任者や国際派の男女が利用する、会員制の結婚相談所です。特に海外赴任者やエグゼクティブ、経営者に会員層を絞り、オーダーメイドのサービスを提供しています。そのため、男性の入会資格に一定の審査基準があり大卒で年収700万円以上、30〜45歳までという条件を課しています。

料金プランに関しては、「成功報酬制」を採用しており、入会金は30,000円〜、成婚料は300,000円〜となっております。お見合いの申し込みについては、毎月30〜80名が申し込み可能でプランによって変動があります。

コンシェルジュによる初回相談は無料で、Skypeによる面談が可能です。

ララストーリー

Kaiwa-USA

Kaiwa-USA

Kaiwa-USAは、海外在住者の外国人男性と結婚したい人向けの結婚相談所です。アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア等、英語を母国語とした国の男性が登録をしていることが特徴です。

12ヶ月のプロフィール登録期間中は、回数無制限で男性への申し込みや、申し込みの承認が可能です。プロフィールの登録は30,000円で12ヶ月が有効期限となっており、そこから理想の相手とマッチすれば、登録費300,000円、成婚料100,000円のフルメンバーへ登録することとなります。

男性の紹介は無制限で、コンシェルジュとの初回相談が無料です。もっと相談したいという人は、オプションで追加1回15,500円〜相談サービスがあります。

フルメンバーの登録に関しては、確実にマッチすることを確認してから登録できるので、最小限のリスクで国際結婚の可能性にチャレンジできるでしょう。

Kaiwa-USA

外国人と出会える相談所選びの際の注意点

外国人と出会える結婚相談所を4つ紹介しました。結婚相談所を利用する上で注意すべき点が3つあるので、予め把握して婚活を進めましょう。

口コミだけで判断しない

結婚相談所の口コミだけで判断することは控えましょう。口コミの信頼度は100%とはいえず、あくまで客観的意見の一つと捉えるに留めるのが無難です。口コミに関してはサクラや費用を払って口コミの評価をあげることも物理的には可能といえます。

口コミだけで判断してしまうと、歪められた意見に誘導される形になってしまうので参考程度に留めておきましょう。

料金制度が明確か

料金制度が明確かどうかを確認するようにしてください。料金制度が曖昧なままだと、トラブルに繋がる恐れがあるからです。

例えば、成婚料と成婚の定義をしっかりホームページに記載していて、どのタイミングで費用が発生するかを明確にしているかどうかなどが判断基準になり得ます。結婚相談所によっては、ホームページに記載がなかったり、成婚の定義を曖昧にしたりしている所も存在します。

トラブル防止の観点で事前にコンシェルジュに問い合わせて、料金制度は明確にしておきましょう。

入会審査があるか

入会審査があるかどうかも確認しておくべき注意点です。入会審査がなければプロフィールに誰でも登録ができてしまい、嘘のプロフィールで登録されている可能性もあります。

また、自分自身が求める条件とマッチするかどうかも、入会審査がある程度参考基準になるでしょう。ホームページの情報から判断したり、コンシェルジュに直接問い合わせたりしてどのような入会審査があるかを明確にしたうえで、婚活を前進させることをおすすめします。

日本人との婚活も検討するなら「ペアーズエンゲージ」

エンゲージコラムOGP画像

ここまで外国人と出会える結婚相談所について解説しましたが、日本人との婚活も検討するのであれば、ペアーズエンゲージをチェックしましょう。ペアーズエンゲージには以下のような特徴があります。

  • 男女比:約6:4
  • 丁寧な無料相談がある
  • 24時間コンシェルジュによるチャットサポートがある
  • 3ヶ月マッチングしなければ全額返金
  • 毎日1名を紹介する紹介制度

コンシェルジュに24時間チャットで婚活やサービスについて相談できます。また条件にもよりますが、3ヶ月マッチングできなければ、全額返金される制度があるので安心して利用できるでしょう。

さらに、ペアーズエンゲージは、以下の価格から追加料金が発生しない仕組みです。

  • 1ヶ月プラン・・・19,600円(入会費9,800円、プラン料金9,800円)
  • 3ヶ月プラン・・・38,000円(入会費9,800円、プラン料金28,200円)
  • 6ヶ月プラン・・・49,800円(入会費なし、プラン料金49,800円)

無料相談もあるので、気になった方はまず無料相談から始めてみましょう。

ペアーズエンゲージに結婚相談をする

規定等を細かくチェックしてから結婚相談所に入会しましょう

外国人との婚活に結婚相談所をどう使えばいいか、流れや結婚相談所の種類を解説しました。外国人専門の結婚相談所を使うと、日常生活では出会いづらい結婚願望が強い外国人男性と出会えるので、効率的に婚活ができます。

しかし、規定や料金制度をしっかり確認しないとトラブルに巻き込まれ、思わぬ料金の支払いなどが発生してしまうこともあるでしょう。事前に規定等は詳しくチェックしてから、結婚相談所で婚活を進めることをおすすめします。

執筆者:古市隆将