結婚相談所で婚活

結婚相談所は40代女性が使うべき?登録するメリットと婚活成功のポイントについても解説

2020年9月2日

40代の女性が結婚相談所への登録を考える際、「40代の女性が結婚相談所を利用しても良いのか」「おすすめの結婚相談所はあるのか」と考えるのではないでしょうか。この記事では、40代の女性に結婚相談所がおすすめの理由と、おすすめの結婚相談所を解説します。さらに、40代女性が結婚相談所で婚活を成功させるポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

結婚相談所を使う40代j

婚活をする40代女性に結婚相談所がおすすめな理由

40代の女性が結婚相談所で婚活できるのだろうか?と悩まれているかもしれませんが、結婚相談所は40代女性におすすめできるサービスです。ここでは、結婚相談所がおすすめな理由を3つご紹介します。

身元が証明されている結婚願望が強い相手と出会える

結婚相談所に登録する際には、身分証明書や独身証明書の提出が義務付けられていることがほとんどです。このような入会ハードルをクリアしてまで婚活をしたい結婚願望が強い男性が集まるため、結婚を前提にした男性と出会えるというメリットがあります。

40代女性にとって、日常生活の中で結婚願望が強い男性と出会う機会が少ないのではないでしょうか。結婚相談所を利用することで、身分が証明された結婚願望が強い男性と効率よく出会えるため、大きなメリットと言えます。

効率よく結婚まで進められる

結婚相談所へは男女共に「結婚を前提に登録している」ため、結婚前提で婚活を進められます。また、お互いが希望の条件を設定できるため、スクリーニングをした状態でマッチングができ、効率よく結婚まで進められます。

希望の条件で相手を探せる

結婚相談所では、年齢や職業、最終学歴、身長・体重など、さまざまな条件を指定して検索できることが多いです。結婚相談所を利用せずに自分で男性を探す場合は、当然スクリーニングをすることは困難であり、理想とする男性と出会う確率は低いでしょう。

結婚相談所であれば、最初から自分の条件に合った人の中から候補を絞り込むことができ、なおかついつでも自由に検索ができるため、理想の相手を探しやすいというメリットがあります。

40代女性におすすめの結婚相談所

40代の女性が、20代や30代に強い結婚相談所に登録してしまっては、強みが違うという理由で婚活がうまくいかないことが多いでしょう。ここでは、特に40代女性におすすめの結婚相談所をご紹介します。

ノッツェ

ノッツェ

ノッツェは30代〜40代の男女がボリュームゾーンとなっている結婚相談所です。ノッツェでは、外見にも十分に力を入れられるよう、提携している美容室やアパレル店でのヘアカットやコーディネート、プロによる写真撮影も可能です。

また、サービスには以下の特徴があります。

  • 無料パートナー紹介
  • 年代別お見合いサポート
  • 四大相性占い
  • 両思いマッチング
  • DNAマッチング
  • プロのスタイリストの120分個別スタイリング

ノッツェには40代からの婚活をサポートしてきたコンシェルズが多数在籍しているため、まずは理想の男性や希望条件を素直に伝えて、アドバイス通りに行動してみてください。

ノッツェ

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェントは、他の結婚相談所の会員も紹介対象となるコネクトシップを利用している結婚相談所です。「出会い保障制度」が設けられており、3ヶ月間マッチングしなければ全額返金となります。従って、出会いの機会が本当にあるのか不安に感じている方でも安心して利用できます。

また、サービスには以下の特徴があります。

  • お見合いの日程調整は専門スタッフが担当
  • 指定した条件の中からAIがマッチング
  • お見合い件数は年間30万件超え(2019年4月〜2020年3月)
  • 会員数は5.5万人(2018年7月時点)

40代以降の方は「PAXプラン」が用意されており、「EQに基づいたデータマッチング」、「お相手からのリクエスト紹介」など、合計9つの特典が付いてきます。

お見合いの日程調整等は専門スタッフが担当してくれるため、初めての婚活で「相手とどう連絡を取れば良いのか分からない」という方でもお任せして婚活を進められます。

パートナーエージェント

婚活をする40代女性の現実

『人口統計 資料集(2017)』によると、2015年の40代女性の初婚率は、40~44歳が3.22%、45~49歳が0.9%でした。30~34歳までの初婚率は30.03%となっているため、相対的に40代以降の初婚率が低くなっています。

また、男性の初婚率も40~44歳が5.44%、45~49歳で2.01%となっており、データを参考にすると、40代での結婚は決して簡単ではないことが伺えます。従って、日常生活の中で出会いを待っているのではなく、結婚相談所を有効活用して婚活するなどの対策が必要ではないでしょうか。

婚活がうまくいかない40代女性の特徴

婚活がうまくいかない女性

40代女性の方が結婚相談所を使うメリットと、おすすめの結婚相談所についてご理解いただけたかと思います。結婚相談所がおすすめのサービスだからといって、登録すれば婚活がうまくいくわけではありません。ここでは、婚活がうまくいかない女性の特徴を2つ紹介します。

プライドが高く相手に求める条件が多い

プライドが高くて相手に求める条件が多い女性は、婚活がうまくいかない傾向にあります。人それぞれ男性に求める条件は違いますが、あまりにも条件を多く厳しくしてしまうと、魅力的な男性と出会える確率は下がってしまいます。

また、プライドが高い女性は結婚相談所のコンシェルズからのアドバイスより、自分の意見を優先してしまうことがあります。成婚に導いてくれるプロの意見を聞き入れないとなると、結果出会いに対する機会損失が生まれ、結婚が遠のいてしまうことにも繋がります。

待ちの姿勢

自分からアプローチをしない「待ちの姿勢」の女性も、婚活がうまくいかないケースが多いです。結婚相談所では、ある意味会員全員がライバルとなり、1名の男性に対して複数の女性がアプローチすることは当然ありえます。

「相手に選んでもらう」というスタンスではなく、希望条件に合致するもしくは近しい男性に積極的にアプローチし、自分自身でお見合いや結婚の機会を勝ち取るスタンスが大切です。

40代女性が結婚相談所で婚活を成功させるためのポイント

40代女性が結婚相談所で婚活を成功させるためのポイントは4つあります。

  • どうしても譲れない条件のみに絞って婚活する
  • まず会ってみるスタンスで行動する
  • コンシェルジュと良好な関係を気づいて素直に行動する
  • なぜ結婚したいのかを明確にする

それぞれ順番に解説します。

どうしても譲れない条件のみに絞って婚活する

ポイントの1つ目は、どうしても譲れない条件のみに絞ることです。相手に求める条件が多くなるほど、条件に合致する男性は少なくなりますし、それはお見合いや結婚の機会損失に繋がります。

40代の女性は、20代や30代の女性に比べて多くの人生経験をしているからこそ、男性に求める条件のみ厳しくなりがちですが、理想の条件ではなく最低条件で考えてみることが大切です。自分の中で相手に求める優先順位を決めておき、その優先順位に沿ってアプローチするようにしましょう。

「まず会ってみる」スタンスで行動する

ポイントの2つ目は「まず会ってみる」スタンスで行動することです。プロフィールの情報では疑問を感じたとしても、実際にお見合い等で会ってみることで、プラスに転じることもあります。

また、実際に会うことを躊躇してしまっている間に、婚活のライバルとなる女性たちがアプローチを仕掛け、お見合いの機会を奪われてしまう可能性もあります。まず会ってみる前提で男性を探し、気になる方がいたらすぐにアプローチするようにしましょう。

コンシェルジュと良好な関係を築いて素直に行動する

ポイントの3つ目は、コンシェルジュと良好な関係を築いて素直に行動することです。コンシェルジュは、多くの会員を交際や結婚に導いてきたプロであり、コンシェルジュのアドバイスは成婚へと導いてくれるはずです。

従って、コンシェルジュと良好な関係を築き、アドバイス通りに素直に行動すれば、あなたの理想を実現させる手助けとなりますし、自分一人では困難であった婚活も成功させてくれるでしょう。

なぜ結婚したいのかを明確にする

ポイントの4つ目は、なぜ結婚したいのかを明確にすることです。自身がなぜ結婚したいのかを明確にしないと、そもそもどのような相手と結婚すべきなのかを定義できません。

結婚する目的が不明瞭な状態では、成婚に繋げることも難しいですし、自分自身も「なぜ婚活をしているのだろう」と、自分自身の気持ちに自信が持てなくなるでしょう。結婚したい理由を明確にして、自分の気持ちの通りに相手に伝えられるようにしましょう。

結婚相談所を有効活用して婚活を成功させましょう

40代の女性が結婚相談所に登録するべき理由や、おすすめの結婚相談所を紹介してきました。結婚相談所には身分が証明された結婚願望の強い男性が登録していて、なおかつ自分の理想とする条件で相手を探せるというメリットがあります。

結婚相談所にメリットがあるといっても、プライドが高く相手に求める条件が多い方や、待ちの姿勢の方は婚活がうまくいかないケースが多いです。パートナーを探す際は、自分の譲れない条件や結婚したい理由を明確にして、自分から積極的にアプローチすることを心がけてみてはいかがでしょうか。

執筆者:伊藤仁