結婚相談所の特徴

結婚相談所での婚活は年収がすべてではない!年収以外の重要なことやおすすめ結婚相談所をご紹介

2020年9月5日

結婚相談所に登録しようと思っているものの、「年収に自信がないけれど、婚活が上手くいくだろうか」と不安を感じている方が多いのではないでしょうか?確かに年収は結婚相手選びのポイントになりますが、年収だけが婚活の成功を左右するものではありません。この記事は、年収面で結婚相談所の利用に悩んでいる男性に向けて、結婚相手が求める条件や年収以外に重要なこと、結婚相談所を有効に活用するポイント、おすすめの結婚相談所をご紹介していきます。

結婚相談所と年収

結婚相談所の入会に年収条件はある?

そもそも結婚相談所の入会には、年収に関わる条件があるのでしょうか?年収額を審査することはほとんどなく、多くの結婚相談所では「安定的に収入を得ているか」を重視することが多いです。結婚相談所によっては、収入証明を任意にしている場合もあります。

年収が300万円・400万円ほどで収入面に自信がないと感じている方も、結婚相談所に入会できないということはほとんどありません。収入や雇用形態などがわかる証明書によって、継続的な安定収入を確認できれば、結婚相談所で婚活を始められます。

安定収入を得ているという条件だと、正社員ではない方は不安に感じるかもしれませんが、必ずしも正社員である必要はありません。派遣社員や契約社員でも審査によって安定した収入を証明できれば、結婚相談所に登録できます。

「年収が高い=結婚相談所で成婚しやすい」ではない

年収600万、700万、1000万円のように、いわゆる平均年収よりも高い収入の人ほど成婚しやすいと考えていませんか?年収の高さと成婚のしやすさは決してイコールではなく、その他の部分を重視していることも多いです。では、年収以外に成婚のために重要なこととは、どのようなことでしょうか?

データから見る結婚相手に求める条件

まず、女性が結婚相手にどのような条件を求めているかを見ていきましょう。厚生労働省が行った「第14回出生動向基本調査 結婚と出産に関する全国調査 独身者調査の結果概要」のなかで、女性が結婚相手に求める条件について調査結果を報告しています。

年収など経済力を「重視する」と回答した未婚女性は、42.0%でした。最も重要視しているのは人柄で、88.4%の女性が重視しています。他にも、家事の能力は62.4%、仕事への理解は48.9%となっており、経済力を重視する割合をそれぞれ上回っています。

参考:第14回出生動向基本調査 結婚と出産に関する全国調査 独身者調査の結果概要 P12

結婚相談所の会員の平均年収を気にしすぎるのはNG

年収が大きく影響しないとは言っても、結婚相談所の会員の平均年収より上回っているかは気になるところではないでしょうか。一般的な男性の平均年収は、厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査の概況」によると、平成30年時点で337.6万円というデータがあります。

上述の調査結果からわかるように、経済力よりも人柄などを重視している女性も多いため、平均年収を気にしすぎてはいけません。平均年収を意識しすぎると、他の会員よりも劣っていると感じ、婚活に後ろ向きになってしまうでしょう。年収の高さ=成婚のしやすさではないので、年収以外のアピールポイントをしっかり伝えることが大切です。

参考:平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況 賃金の推移

年収以外で成婚のために重要なこと

年収だけでなく人柄や仕事への理解などを求めている女性もいるので、成婚のためには年収以外の部分を女性にしっかりとアピールすることが必要です。3つのポイントをおさえて、婚活に取り組みましょう。

結婚願望をアピールする

婚活で大切なことは、自信を持って取り組んで結婚願望をアピールすることです。例え年収が比較的低くても、結婚に対する真剣な思いをアピールできれば、興味を持ってくれる女性が現われるはずです。

なぜ結婚したいのか、結婚に向けて今の仕事に誇りを持っていることなどをアピールして、結婚願望をお相手に伝えましょう。

自身のPRポイントを明確にする

年収はつい周囲と比較してしまうポイントですが、年収の高い低いと成婚のしやすさは比例しません。年収を引け目に感じるのではなく、自分のPRポイントを明確にして、婚活に取り組むことが重要です。

得意なことや趣味、性格など、自分の良さをアピールすることによって、年収以外のポイントを重視する女性の目に留まるでしょう。

プロフィールを充実させる

女性会員の方に年収以外の部分をアピールするためには、プロフィールの充実が重要になってきます。年収は基本情報で確認できますが、人柄や結婚観、趣味など内面的な部分は基本情報だけで語ることはできません。

自分がどのような人物で、どのような結婚観を持っているのかなどをプロフィールにしっかりと盛り込みましょう。結婚への真剣度や人柄が伝わり、女性会員の方に興味を持ってもらえるはずです。

おすすめの結婚相談所

年収に不安があっても成婚を実現するためには、明確な自己PRやプロフィールの充実のほか、結婚相談所選びも重要です。自分に合った結婚相談所を選ぶことによって、婚活を進めやすくなります。おすすめの結婚相談所を4社ピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

ペアーズエンゲージ

エンゲージコラムOGP画像

ペアーズエンゲージは、累計会員数1000万人を超えるマッチングアプリ「ペアーズ」が手がける結婚相談所です。オンラインで婚活を開始でき、いつでも一歩を踏み出せます。 従来の結婚相談所よりも安価な9,800円から利用できるので、費用が心配な方も利用しやすいです。3ヶ月活動を続けてマッチングをしなかった場合の全額返金保証もついていて、活動が無駄になることもありません。

紹介人数は月30名となっており、他社に比べて出会いのチャンスが多いのも魅力です。婚活に行き詰まったときは、プロのコンシェルジュに24時間365日いつでも相談できます。年収に悩みがあっても、丁寧なサポートで的確なアドバイスがありますで、気軽に相談して婚活に取り組んでみましょう。

ペアーズエンゲージで結婚相談する

ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ

ゼクシィ縁結びエージェントでは、婚活支援サービス「CONNECT-ship」によって、提携企業と会員データベースを共有しています。充実した会員データを参考に、専任のマッチングコーディネーターが活動を手助けし、成婚に向けて手厚いサポートをしてくれます。

手軽に婚活を始められるように、一般的な結婚相談所の3分の1の料金で利用できる料金プランも特徴です。初期費用やお見合い料、成婚料はかかりません。 ゼクシィ縁結びエージェント

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

IBJメンバーズは、業界最大級の会員数を誇る結婚相談所で、約65,000名が投力しています。3ヶ月以内の交際実現率約87%、成婚率50.8%と実績も確かな結婚相談所です。

「徹底成婚主義」を掲げており、婚約までサポートするのがIBJメンバーズのこだわりです。さらに、希望条件でのお相手検索やマッチングなど出会いのスタイルが複数あることが特徴です。 IBJメンバーズ

ツヴァイ

ツヴァイ

ツヴァイは、毎週100人以上の方を成婚に導いている結婚相談所です。コンサルティングに力を入れており、全国にある直営50店舗で理想の実現をサポートしています。 ぴったりの婚活プランを提案してくれるコンサルティングだけでなく、出会う準備や出会いの場のセッティング、店舗でのお見合い、婚活中の相談など、トータルサポートがあります。婚活への不安や悩みを抱えている方向けに、コンサルティングの無料体験も行っています。

ツヴァイ

結婚相談所を有効活用するためのポイント

相手選びの条件は年収だけではないので、平均年収を下回っていても出会いのチャンスがあります。チャンスを成婚につながるためには、結婚相談所にただ入会するのではなく、上手く活用することが大切です。

「まず会ってみること」を大切にする

年収が低いことを気にしすぎると、「どうせ会っても断れてしまう」と消極的になりがちです。会ってみたいと思ってくれた女性は、年収以外の部分に惹かれていることでしょう。

人柄やフィーリングなどは会ってみないとわからない部分です。まず会ってみることで、人柄に魅力を感じたり、相性の良さを実感したりして、婚活に前に進んでいくこともあります。「まず会ってみること」を大切にして、積極的に婚活に取り組みましょう。

希望条件を高くしすぎない

女性に求める条件を高くしすぎてしまうと、自ら出会いのチャンスを狭めてしまいます。相手の年収や容姿、年齢などの条件のハードルを高くしすぎず、出会いの可能性を広げることで、条件がマッチする女性と巡り合いやすくなります。

結婚相談所は年収がすべてではない

結婚相談所の入会条件に収入額が含まれることは少なく、安定した収入があれば入会できます。女性にとっても年収の高さが最優先事項ではなく、人柄や家事の能力、仕事への理解を求めているので、結婚相談所での成功は年収がすべてではありません。

年収以外の部分を良さが伝わるように、PRポイントを明確にしたり、プロフィールを充実させたりすることが重要です。おすすめの結婚相談所を参考にして、結婚相談所に入会し、年収を気にしすぎずにまず会ってみる精神を大事に、ポジティブに婚活に取り組みましょう。

執筆者:菅原光拳

関連記事